▼試験前の不安は気分転換で解消!でも、不安が強すぎる場合は…

皆さんは試験前に、緊張したり、不安になった経験はありますか?試験前の不安を軽減するには、十分睡眠を取り、栄養をとって、定期的にエクササイズや散歩などをして、気分転換をするのが効果的ですが。それでも、不安が強すぎるときは、病的(不安障害)の可能性もあります。

今回は、不安な気持ちが強くなりすぎてしまう、不安障害という心の病気について考えてみましょう。


▼どのような時、神経科(精神科)で相談する?

不安が強くなると、悪い方へ、悪い方へと考えてしまいがちです。例えば、「得意でない分野が出題されたらどうしよう...」、「試験に失敗するかもしれない...」、「失敗したらどうしよう...」、「もうだめだ...」などと、どんどん自分を追い込んでしまうようなケースです。

勉強しても、頭に入らなくなる程、不安が強い場合や、試験の事を考えると、動悸がし、息苦しくなるようなパニック様の発作がある時、また試験が心配で、夜、眠れなくなるような場合は、神経科で相談された方が良いです。


▼治療の手段は?

このような不安の原因としては、「試験でなんとしても、一番になる」というように、非現実的な程、高い目標を定めてしまう事が、しばしばあります。

このような場合は、本人に不安の原因を理解してもらい、もっと現実的な目標を定めることで、不安を軽減させる、認知療法といわれるカウンセリングが効果的です。

この認知治療は医師やカウンセラーと対面式で、認知の歪みを直すように訓練します。

しかし、カウンセリングだけで、不安を軽減させるのは、難しく、多くは、薬物療法が必要となります。SSRIという薬が一般的で、大変、治療効果がありますが、効果の発現に2週間程と、わりあい時間がかかります。また、副作用(主に悪心、嘔吐といった消化器系の症状)の出現の有無を見ることも必要ですので、試験の少なくとも3週間位前からの服用が必要です。

また、最近、SNRIという新しい薬も登場し、薬物療法は、ますます効果的になってきています。


<All About記事>
強烈な不安感に襲われたときは…パニック障害についての記事です。
【睡眠・快眠】---睡眠の事ならこちらのサイトへ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項