50人に1人の成人男性がお酒なしではいられない

dit1
世代別では70代がいちばん多く、約3%がアルコール依存症
長年大量に飲みつづけ、お酒なしではいられなくなってしまうのが、「アルコール依存症」。お酒がもとで体を壊したり、仕事や日常生活が続けられなくなることもあるのがこの依存症の怖いところです。

厚生労働省が2002年度から3年間にわたって行った調査によると、成人男性の約2%、50人に1人の割合でアルコール依存症があることがわかりました(対象:3500人の男女、回答:2547人)。


身体依存ができると根治は難しい

dit1
身体依存になったら、断酒を決意するしかない
このサイトの記事でも、いままでさまざまな依存症について触れてきましたが(摂食障害ギャンブル依存症など)、アルコール依存症がこれらと決定的に異なるところは、進行すると「身体依存」になることです。一度身体依存になると、心のもち方を変えるだけでは克服できません。

二日酔いでたまに朝寝坊してしまうことがある程度ならまだ引き返せます。しかし、身体依存の段階まで進んだら、この体質は一生続きます。一度やめたとしても何かの拍子に再開してしまえば、またお酒がないといられない生活が始まってしまうのです。したがって、身体依存ができた人がアルコール依存症を克服する場合には、「一生、何があっても飲まない」ということを心に誓い、断酒に取り組まねばならなくなります。

※身体依存とは?

ある物質を長い期間、たくさん摂ったために、体がその物質がないといられなくなり、中断したり量を制限すると体に異変が生じること。アルコールのほかにも、薬物、ニコチンなども身体依存ができやすい。

次のページでは、アルコール依存症チェック、最も注意したいタイプについてお話いたします>>次のページへ