なぜキッチンドリンカーになってしまうの?

一人になることが多い分、キッチンでの異常には気づきにくい……?
キッチンドリンカーはアルコール依存症の一つです。もともとは、主婦がキッチンで食事の準備中に食用酒を味見しているうちに、飲酒のコントロールが困難になり、家族が気付いた時にはアルコールに対する依存が進んでしまうことを指す語として、アメリカで生まれた言葉です。日本においても同じように、社会的に認知されている語だと思います。

妻がキッチンドリンカーになる背景には、さまざまな原因の不満や葛藤が心に生じていることが挙げられます。

例えば、仕事をバリバリやっていた過去と家庭に入ってからのギャップへの戸惑い、周囲との人間関係がうまくいかない、子育てが終わり時間を持て余してしまう、夫との関係が冷えてしまったなど、自分では解決しがたいと感じたときに飲酒が気分を晴らす手段として飲酒に頼ってしまうことが考えられます。

>> 最後に、アルコール依存症の治療とキッチンドリンカーにならないための対策について述べます。 >>