冷房に注意!
オフィスで冷房に切り替わったところが増えてきつつあるようです。
慢性的な肩こり、腰痛のある人には、心配な季節が近づいてきました。それは、オフィスでの冷房です。そろそろオフィスの空調が冷房に切り替わった、という所も多いのではないでしょうか?

冷房の直撃や冷え過ぎたオフィスでのデスクワークは、特に肩こりや腰痛にはこたえます。血行が悪い状態が続くと、ぎっくり腰や寝違えなど、急な痛みに襲われることも! そろそろ冷え対策を始めましょう。

冷えるオフィスでは「こり」の回復力が低下!?

体を温める
肩こり、腰痛がひどくなると、お風呂でのんびりしてもほぐれなくなっていきます。
肩こりと腰痛のどちらにもいえることは、筋肉の血流が低下してしまうことです。肩こりでは、頭部や腕を支えるために必要な筋肉が、腰痛では腰部を支えるための筋肉に、影響を及ぼします。

血流低下は、筋肉の負担を減らしたり、ほぐしたりすることで、回復させることが出来るのですが、「冷房での冷え」のように、悪化させる要素が加わると、血流の滞りが長引くことになり「こり」を慢性化させてしまいがちになります。

軽い肩こりや腰痛であれば、帰宅後にお風呂でゆっくり温まったり、体操をする程度で、すぐに回復することが多いです。しかし、1日の多くの時間を過ごすオフィスで、毎日身体を冷やされているうちに、今までこっていた筋肉内の老廃物が蓄積されやすい状態になっていきます。そして、神経を刺激するようになると、肩こりが肩の痛みや頭痛を伴うものになったり、腰の不調も「痛む頻度」が増したりと、気になることが多くなる可能性もあります。


ぎっくり腰、寝違え予防は、冷やさないことから!

扇風機
冷房の風の直撃を防ぐために、扇風機を利用する方法もあります。
冷房の風が、肩や腰に直接当たるということは、何とかして避けたいものです。また、直接に風が当たらなくても、「寒い。」と感じる部屋で過ごすことで、肩にも自然と力が入り、肩こりが悪化しがちです。

デスクワークの人は、座ることで腰部の筋肉に負担がかかり続けます。それに加え、冷えによりさらに、腰部の筋肉の血行が悪くなり、腰痛がつらく感じるかもしれません。

このように、首、肩周辺と腰部の筋肉がこってしまう状況が続くと、ぎっくり腰や寝違えのような急な痛みを誘発することも! ぎっくり腰も寝違えも、痛みが強い場合は、動かすことができません。寝違えでは、顔を横に向けることさえできず、頭は動かさず、体ごと方向を変えての動作となり、不自由を強いられるケースもあるのです。慢性的な肩こりや腰痛が、冷房による冷えによって、突然痛めて悪化させてしまう確率が高くなってしまうため、やはり冷え対策は必要になります。


>>次のページでは、オフィスで冷房から首・肩・腰を守るために、常備してあると便利なグッズをご紹介しましょう!>>>