保険適用されている製剤が販売中止に!

PCO
未来の子供達を増やすために関係者全員で訴えかける必要があると思います。
ガイドメルマガの中でもお話をしている通り、来年からHMG製剤(排卵誘発剤)が販売中止になります。それは、HMG製剤が尿由来製品であるため、100%確実にウイルスや細菌の混入を避けられないという判断からです。

よって、来年早々にはHMG製剤のほとんどが市場から姿を消し、保険適用を認められていたHMG-HCG療法(排卵誘発)が不可能になります。これは患者さんにとっては大問題です。

実は以前にもこのオールアバウトで取り上げたとおり、HMG-HCG療法での治療の妊娠率は高いからです。実はフォリスチム(遺伝子組み換え型FSH製剤)の承認はされ使われていますが、HMG(FSH)-HCG療法として保険適用になっておりません。だから、もし今の状況でこの新薬を使うとしても自費にて使うしかこの治療が出来ないということなのです。

尿由来のHMG製剤がなくなると同時、もしくはなくなってから出来るだけ早くフォリスチムの保険適用を認めて頂くことが最も不妊治療患者さんの治療に必要です。

そこで出来るだけ早く厚生労働省に認可してもらうためにNPO法人Fineでは署名活動を開始致しました。私もその活動に賛同しております。出来るだけ患者さんの経済的負担を少なくし、妊娠率を上げるために必要なことだと思うからです。

皆さんのご署名を心からお待ちしております。あなたの声が妊娠に結びつくのです。

署名はこちらで(NPO法人Fine署名サイト)
http://j-fine.jp/top/shomei/shomei-fsh.html

最後に……「HMG-HCG療法」とは?

HMGは女性の尿から抽出し、FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)が混ざった状態になっている。卵胞を大きくする作用を持っている。同じような作用を持つ薬剤としてFSH製剤がある。

HCGはヒト銃毛性ゴナドトロピンといい、排卵を促すホルモン。黄体ホルモン作用がある。HMG-HCG療法というのは、外からHMGを数日間注射して卵胞が大きくなったところでHCGを注射して、排卵を起こす療法のこと。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項