原因と治療法

治療ストレス
ヨガのような呼吸法と精神安定を図る運動は効果的です。
原因は実をいうとよくわかっていません。ホルモンや神経伝達物質が関わっているのではという説だけではっきりしていません。

治療は薬を使っての治療と生活の中で気をつけていく治療があります。

生活の中では運動の習慣を持つこと、悪化要因のカフェインの摂取を控え、ハーブの活用が良いと言われています。また、リフレクソロジーも症状を軽減する働きを持っていると言われています。

そしてストレスコントロールも重要なポイントと言われています。生活の中でストレスをいかにうまく避けるのか?その点にも注意したいところです。

薬物療法ではピルの活用やPMDDのような精神症状が激しい場合は抗不安薬やSSRIを服用することがあります。ビタミン剤を服用することもあります。

その時々の症状に合わせて処方をしてもらうのが最適なので月経前に体調を崩したり、精神的な問題がある場合はすぐに婦人科に行くべきだと思います。

対処については女性の健康の山田先生も詳しく書かれていますのでご参考にしてください。

月経前症候群ってなに? あなたも月経前症候群?

夫婦円満のコツ(男性側の対処法)

治療ストレス
常に微笑みあう夫婦でいたいですよね
上記の情報を見ての通り、PMSは女性にとって身体的にも精神的にも不安定なつらい時期だということが言えるかと思います。そのつらさを紛らわせるために、回答に困るような質問をわざとしたり、愛して欲しいという気持ちを前面に出してきて、男性の反応を待っているようなところがあるそうです。

前述のHさんに言わせるとほとんどが答えは1つだけだということです。それはその状況を把握していて「つらいよね、僕にはわからないけど助けられるところは助けるからわががま言っていいよ」「愛しているから、何を言っても良いよ」と全面的に受け入れる体制と余裕を持っておくといいそうです。それがわからないから世の男性は女性と不毛の喧嘩に陥るそうです。

男性にはそういう疾患がないけれど、風邪で38度くらいの熱が出ていて頭が朦朧として頭と体がままならないので周りに八つ当たりしたいというような感じだと思えばいいかと思います。

そういう時に優しくしていれば、日常、男性が少々わがままを言っても許されるのではと思います。そして、この月経前と排卵期をうまくこなすことが夫婦円満と妊娠に結びつく最大の鍵だと思うのですがいかがでしょう?

参照サイト(下記のサイトを参考にさせて頂きました)


【不妊治療 人気記事ベスト5】
1位: 「赤ちゃんは頑張って出来るものではない」
2位: 「不妊治療費を賢く抑える方法 ~検査編~」
3位: 「なぜ日本人男性の性欲が弱っているのか?」
4位: 「新規開業時がチャンス!クリニックの選び方」
5位: 「「不妊予防協会」に聞く不妊予防の心得」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項