不妊治療に頑張りすぎていませんか?

コウノトリ
コウノトリが運んでくれると言うのもあながち嘘ではないような気がします
不妊治療をすると「赤ちゃんが出来るまで継続して頑張ろう!」という方が多いのですが、それは時として身体にも妊娠にも良くない時があります。なぜなら、赤ちゃんは頑張って作れるものではないからです。

たしかに世の中のものは、頑張れば手に入るものが多いです。地位や名誉、お金もある程度、頑張れば手に入ります。しかし、赤ちゃんはそうはいかないことが多いのです。なぜなら、妊娠に至るまでには壮大なプロセスがあり、その条件を満たした場合に初めて妊娠となるからです。

特に最近は結婚も高齢化していて、30歳を超えてからの結婚も珍しくなくなりました。それに伴い、初めての妊娠の年齢も毎年上昇しています。結婚してから妊娠出産を急ぐあまり、身体や心に負担をかける人が増えているのも事実です。

それに30代は仕事を持っている人にとっては働き盛りの年齢ということもあり、ストレスを抱え込みやすい傾向にもあります。仕事のストレス、私生活のストレスのダブルでの負荷をかけると妊娠できるものもできなくなってしまいます。


「頑張りすぎない」という不妊治療

今まで取材してきたレポートを整理すると、ドクターコメントに共通して見られるのは「治療はストレスを感じたら戦略的にお休みすることが妊娠への早道」という言葉です。

焦る気持ちはもちろん分かるけれど、焦って急ぐことで必ずしも良い結果の出るものではないのです。治療をしながらもそのことを悟って、なるべく楽しく日々を送る人が最終的には良い結果に結びついているということですね。

最近、特に地方都市で多いのは、周りの環境から子供を作らざるを得ない状況に追い込まれてしまう……というものです。環境のせいでどうしても焦ってしまうという問題がよく見られます。私たちの親の世代は「子供を持つのは当たり前」という意識が強いのか、自分達の価値観を押し付けてくることも多いといえます。

でも、それに惑わされて気が焦ってしまっては、悪影響です。できれば近しい人には正直に話をして、努力をしているので急かさないで欲しいという必要もあるかもしれません。「不妊」であることを、何か話しづらいと悪いものであるような印象を持つ人もまだいるようですが、「不妊はもうそんなマイナーな話ではない」ということも言うべきでしょうね。


次のページでは心のコントロールの大切さについてご紹介します。