赤ちゃん
赤ちゃんが欲しいというもどかしさを、分からない人も多いのです。
不妊治療がOPENになってきたとはいえ、付き合いの深くない人に言いづらいことは変わりありません。不妊を経験せずに出産した人には、なかなかそのつらさは分からないからです。

自分が腹痛でのた打ち回っていて、周りが心配してくれても、そのつらさは本人しか理解できないのと同じです。

知らないせいでの心ない言葉もあるでしょう。よく聞く代表的な言葉が「子供まだ?」という一言。現代は子供を持たないという選択をする夫婦も多いですが、親しい友人や家族、親族からの容赦ない「子供まだ?」は、とても憂鬱という悩みは多いと思います。

今回は、その何気ない一言に不必要に傷つかないための対策をご紹介します。

対策1:「子供まだ?」と言いそうな人に近づかない

ストレス
心ない一言に傷つかないように……
このセリフを言う人は、大体決まっています。子供を苦労して作ったことがない時代の人や、不妊治療についての理解が残念ながら浅い人たちです。

そういう人が集まる場、特にプライベートなことを詮索することが好きそうな人たちが集まる飲み会の場には、できるだけ行かないことです。気晴らしは必要ですが、「デリカシーがないな……」という人に無理をして近づく必要はありません。どうしても行きたい場合も、言いそうな人とはなるべく距離をおくか、前もって自分の状況を言っておくというのも一つの方法かと思います。

対策2:関係者にカミングアウトしておく

この方法が一番効果あります。今の自分の状況をわかりやすく伝え,頑張っているからそっと見守って欲しいと伝えておくことは効きます。これを伝えても配慮ができずに色々と聞いてくるような厚顔無知な人にはいえませんが……。

まずはちゃんとした良識のある信頼できる人たちには、自分の状態を知っておいてもらうことで気が楽になると思います。

次ページでは、続いて3つの対策をご紹介します。