島に住む!芝浦アイランド完成

港区芝浦で進められていた、官・公・民一体の開発プロジェクト「芝浦アイランド地区プロジェクト」のA3街区がこの秋完成し、街全体の開発が完了しました。
 
芝浦アイランド
A3街区が完成し、街全体の整備が完了した芝浦アイランドの空撮。海辺の生活を実現しつつ品川や台場といったエリアも身近な場所だ。建物の外観は統一感を持たせているので街全体の一体感も感じる


同エリアは、JR山手線田町駅より徒歩10分圏内に位置し、四方を運河に囲まれた島状のエリア。東京都の「都心居住政策モデル地区」としてあらゆる世代が、安心して豊かに暮らせる街の実現を目指し開発が進められました。

●開発面積 約6.2ha
●住戸数  約3,800戸(分譲・賃貸 各1,900戸前後)
●想定居住者数 約7,000人
 

持続可能な街を目指して

芝浦アイランドでは、持続可能な街づくりを行うにあたり、官・公・民が一体となり開発を進めてきました。都市再生機構によるマスタープランの策定・基盤整備、東京都による耐震護岸と遊歩道整備、港区による幼稚園・保育園一体化施設や児童高齢者交流施設の整備、民間事業者による共同住宅・商業施設などの開発が連携して行われており、現地を歩くと建物敷地と街区歩道が調和したデザインで一体感を感じます。
ブルームタワーとブルームホームズ
完成したブルームタワーとブルームホームズ。

昨年には既に、ケープタワー(南地区 分譲住宅 1,095戸)、グローブタワー(A2街区 分譲住宅 833戸)、エアタワー(A1街区 賃貸住宅 871戸)の入居がスタートしており、今秋A3街区ではクリニックモール(ドクターズポート芝浦アイランド)、介護付き有料老人ホーム(グッドタイムリビング 芝浦アイランド 84室)、高齢者向け賃貸住宅(プラテシア 芝浦アイランド 74戸)で構成されるブルームホームズとフィットネス施設と賃貸住宅(964戸)が入るブルームタワーで入居がスタートします。ブルームホームズには訪問介護事業所も設置されます。
 
NAS Wellness&Spa CLUB
ブルームタワー内にオープンするフィットネス施設「NAS Wellness&Spa CLUB」のプール。ゴルフレンジや天然温泉などもある
芝浦アイランドでは、サスティナブル(持続可能)な街づくりを実現するために、「将来にわたって美しい景観が保たれる街」「歳をとってもずっと快適に暮らせる街」「世代を超えた活気ある雰囲気にあふれる街」であることを掲げています。ドクターズポート芝浦アイランドでは、病児保育施設が設置されます。港区としては4番目の施設で、乳幼児を含め子育てをサポートします。高齢者向け施設は都心エリアでは少なく、子供から高齢者まで幅広い世代向けのインフラが整うことで、ライフステージが変わっても安心して暮せる街になっています。

次ページでは、豪華さと景色が圧巻の「ブルームタワー」についてご紹介します。