歯が痛くなって病院に通い始めたが、予約がなかなか都合が合わずついつい痛みがなくなった後、中断した経験のある人いませんか? 今回は治療の中断が悪い結果となりやすい、ベスト5について解説します。

第5位 応急処置での放置

応急処置
応急処置が終わったあとに本格的治療がはじまる
親知らずなどの腫れた際、歯の周囲を洗浄したり、膿を出すために、歯茎の一部を切開するなどして、応急的な処置が行なわれます。

一時的に症状が改善すると、そのままで様子を見たくなりますが、あくまで対症療法に過ぎず、原因となっている汚れや細菌など塊は歯茎の内部にそのままになっているため、しばらくすると前よりももっと腫れることもしばしばです。

応急的処置を繰り返すだけでは、だんだん状態が悪化する場合も多く、簡単に済ませることのメリットは、後でのデメリットを大きくする可能性もあります。


第4位 虫歯を薬で埋めたまま放置

新しい虫歯を発見したときなど、病院ではいきなり削って詰めないで、歯の神経を鎮静させるための薬を入れ、しばらく様子を見ることがあります。

鎮静効果もあり痛みが消え、穴もふさがるために、一時的に不満な点が解消され、この段階での放置も考えられます。しかしこの処置はあくまで仮の詰め物処置のため、内部の虫歯をきちんと取っていないことも多く、詰め物自体も次第に崩壊してきます。

時間の経過が虫歯の更なる悪化を促進させることも多く、「あの時ちゃんと治しておけば、歯の神経を取らなくて済んだのに…」なんてこともあるので注意が必要です。

次のページは、第3位、2位の発表!に続きます。