最近ちょっと歯の色が気になるな~。神経は取ったことも無いのに、どうしてこの1本だけ色が違うんだろう? そんな風に思って病院に行くと、歯の神経が死んでいるとのこと。今回は歯の神経の自然死について、ガイドが解説します。


そもそも神経が死んだ状態とは?

歯に神経が死んだ状態
神経を取った歯のように、色が明らかに暗く見える。(正面右)
一般的には、歯の内部にある「歯髄」と呼ばれる組織全体が、機能しなくなった状態をいいます。痛みがほとんど起こらないで、歯の内部の歯髄が死んでしまう自然死は、主に次のようなことが原因です。

  • 以前の治療の影響
    比較的多く見られるのが、以前虫歯の治療の際、神経にごく近いところまで、虫歯が進行していたが、その時は歯の神経を取らずに保存して、詰め物などで穴を埋めてある場合。

    治療後に神経近くに潜伏していたごく少量の虫歯菌によってゆっくりと歯の神経を蝕むため、それほど痛みを感じずに数年後に神経が死んでいることがあります。

  • 打撲など機械的刺激の影響
    口元を強く打ち付けたり、物がぶつかったりして、歯に強い衝撃が加わったりすると、その時は痛みが落ち着いたとしても、しばらくしてから、神経が死んでいることがあります。


歯の神経が機能しなくなると、歯自体の痛みは感じなくなるので、自覚症状が無くなります。しかし、ほかの歯に比べて、色が変色したように暗く、表面がくすんだようになるなど、歯の神経を取った時と同じような色の変化が起こってきます。

次のページは、治療しないで放置すると……に続きます。