抜いた後の治し方は…

基本的な治療の方法は、大きく分けて次の3つです。
  1. ブリッジ
    ブリッジ
    第一選択はブリッジが基本となる。一度つけるとそのままでOK、普通の歯と同じように磨き、使うことができる。

    一般的にもっとも良く使われるのが、このブリッジです。抜いた部分の前と後ろの歯の形を削って修正して、3本の歯を一つの塊で作ることによって歯の形を元に戻します。奥歯では金属色のみ健康保険の適応内となります。

  2. 入れ歯
    入れ歯
    入れ歯で治すと歯を削らなくて済むが毎日取り外して磨かなくてはならないため手入れは大変

    外れると飲み込んでしまう恐れがあるため、あまり作られませんが、1本だけ入れ歯も作る事はできます。健康保険の適応内です。

  3. インプラント
    手前の歯と奥の歯を両方とも削ることなく抜いた部分のみ治療可能です。骨に直接チタンの根を埋め込んでその上に歯を作ります。健康保険の適応がありませんので自費治療となります。

どの方法を選択するかは、それぞれにメリットやデメリットがあるので、実際に治療する医院で納得するまで説明をしてもらうことをお勧めします。



-関連リンク-
「歯の資産価値を考える」
「親知らずは抜くの?抜かないの?」
「歯を抜いた後に注意することって何?」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。