前回の記事「親知らずは抜くの?抜かないの?」で親知らずを抜く概ねの基準を示しましたが、今回は親知らずを抜いた後の注意点を解説します。

擦りむいて出来た傷と同じ?

歯の抜く道具のイメージ
怪我が治るのも、歯を抜いた後の穴が塞がっていくのも同じといえます
子どもの頃、遊んでいてよく膝を擦りむいたりした時に治っていく過程を思い出してください。歯を抜いた穴が治ることも同じようなものであることがわかります。
  1. 初めに血が出る
    歯を抜いた時にも初めは血が出てきます。

  2. しばらくすると「かさぶた」になる
    歯を抜いた穴には出血によって血の塊(血餅)というものが出来ます。これが「かさぶた」の役割をします。

  3. 「かさぶた」が自然に取れてさらに治っていく
    歯を抜いた穴の血餅は自然に吸収され、穴が綺麗にふさがっていきます。
このようにどちらも同じように治っていくのです。

>>次のページは、「歯を抜いた後の注意点」>>