どんなイスや机の高さが理想なの?

腰、肘、膝がそれぞれ90~100度
腰、肘、膝がそれぞれ90~100度
右の写真をご覧下さい。基本的には『腰、肘、膝がそれぞれ90~100度になる』体勢が理想です。

イスは前かがみや変にそりかえったりせず、リラックスした腰の体勢が取れるものにしましょう。やや後ろに寄りかかる体勢(90~100度)が良いと思われます。長時間作業には背もたれがあるほうがオススメです。

そして、高さも重要。膝がちょうど90~100度になるくらいの高さにしましょう。高すぎると大腿部に負担がかかりますし、低すぎるとお尻に体重が集中してしまいます。均等にかかるほうが楽ですよね。そして足裏がしっかり地面につくようにしましょう。

『といっても、オフィスでは高さ調節のできないイスもあるし・・・』という方もいらっしゃると思いますが、難しく考えなくてもOKです。イスが高すぎる場合は足の下に足置き台をおきましょう。電話帳や箱でもかまいません。

そして、意外と見落としがちなのが足元のスペース。余計なものがあると足の位置が制限されてしまいます。パソコンの本体は足の邪魔のならない位置に置いてくださいね。

机の高さは、楽な体勢で肘を置いたときに肘が90~100度になるくらいの高さにしましょう。腕が床に平行になるくらいと思っていただければ良いと思います。

どこかをがちがちに固定するのではなくて、遊びのスペースを残した状態においておくと楽に作業ができます。


疲れない作業のコツ!マウス操作やお部屋の環境はこんなところに気をつけて!>>次ページヘ