新型モデルS-590Tシリーズ
「眼鏡は道具である」という考え方をベースに、独自にフレームを開発してきた国産ブランド、999.9(フォーナインズ)。ニューモデル、S-590Tシリーズは、かけ心地を進化させたメガネフレームといえそうです。今回は特にこだわりのある男性に人気が高いというその魅力にせまってみました。

しなやかなフローティングデザイン...P1
軽量で強度が高い特殊素材、チタン...P1
着脱に有利、逆Rヒンジ...P2
頭にフィット感、テンプルのモダン部分..P2
ずれにくいノーズパット...P2
国産へのこだわり...P2


しなやかなフローティングデザイン

フローティングデザイン
顔の形状にフィットさせるフレームは、軽やかなカーブを描くようになりますが、それにレンズを合わせるのは無理がでてきます。レンズはフレームのカーブに適応させられないからです。

その解決法としてのフローティングデザインは、フレームとレンズの分離。小さなパーツで2重構造のインナーフロントにレンズを固定し、外側フレームから独立させることで、精密なレンズの矯正機能と、フレームのデザインを両立させているのです。


軽量で強度が高いチタン

長時間装着しているメガネは、軽いほうが断然ラクです。さらに、着脱を毎日繰り返すとなると、型崩れしにくい強度も必要です。さらに、春夏の季節や、スポーツ・レジャーをする際に汗ばむことを考えると、耐食性に優れている必要があります。それらの点で、チタン合金はまさに理想的な素材といえそうです。

次のページは特殊なヒンジ、モダン形状です