28歳 会社員(女性)Aさんのケース

最近、アイメイクをするたびに気になる、まつ毛の生え際のブチッとした小さなもの。つい手でつぶして大変なことに。


トラブルの経緯

まつ毛の生え際に
まつ毛の生え際に
ソフトレンズを長く装着してきた。まつ毛の生え際の小さなできものが気になって、手の先でつぶしてしまった。そのうちにそこが「ものもらい」状態になってしまい、かゆみにも悩まされることに。さわらなければよかったと後悔。眼科では「マイボーム腺梗塞」と診断されました。


診断された眼障害


マイボーム腺梗塞

涙の油層をつくる分泌腺があまり働かなくなるか、乾燥してしまい、つまりを起こります。油層の成分がまぶたの縁にある出口から分泌されますが、つまると小さく盛り上がり、黒目にさわるとごろごろすることがあります。そして、たまった脂肪に細菌などで感染を起こすと、ものもらい(麦粒腫)のように赤く腫れ上がります。


関連疾患・後遺症のリスク

細菌感染による、まぶたの炎症は、「ものもらい」とよばれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や霰粒腫(さんりゅうしゅ)になる可能性があります。


こんな人は注意!ガイドからのアドバイス


・手で、まぶたの縁にさわらないようにしましょう
・目のまわりは清潔に保ちましょう
・アイメイクがまぶたの縁に入らないようにしましょう


*All About健康関連リンク*
<コンタクトレンズ・トラブルケースファイル・シリーズ>
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.1 角膜びらん [目の健康]
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.2 角膜血管新生 [目の健康]
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.3 巨大乳頭結膜炎 [目の健康]
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.4 角膜潰瘍 [目の健康]

【目の健康 オススメ人気記事】
 1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
 2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
 3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
 4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
 5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項