押し付けはタブー
―どのように選曲すればよいでしょう
わたしたちの場合は、昔の曲の歌詞を載せた本を開いて、お年寄りとあれこれ会話するようにしています。「この曲を歌った松井須磨子さんって、すごく有名な歌手なんですよね」とか、「この歌が流行った頃、関東大震災が起こったんですって」といった具合に。時代背景なども話題に取り入れたりしながら、思い入れのある歌を探します。そのうち、反応を示して、自然に鼻歌を歌い始めたりされるんですね。こちらが歌うと、合わせてくださる方もいます。


―「さあ、これを歌いましょう」と、無理強いするのは逆効果なわけですね

そうです、あくまでその方の好きな歌を、一緒に記憶をたどりながら探すようにしてください。


―どれくらいの時間が目安ですか

やりすぎると疲れてしまうので、長くて1時間くらいでしょう。できれば毎日、続けると効果的です。


「これからは、在宅介護が増える時代。施設だけではなく、家庭でもぜひ音楽療法にチャレンジしてほしいもの」と赤星理事長。ご近所の介護家庭で集まって、トライするのもいいかもしれません。音楽療法で、お年寄りと家族がもっと生き生きできたらすてきですね。



財団法人東京ミュージック・ボランティア協会
TEL042-343-2590
出張療法もOKだそう。料金は交通費などにもよりますが、6000~2万円くらい。
相談に応じてくれるとのこと。


関連サイト

スカイパーフェクTVの「シルバーアワー」では、お年寄りのための療育音楽を放送!

音楽療法関連曲集懐メロや小学唱歌、民謡などの歌集を網羅

痴呆は歌って治せる?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項