あなたは今、毎月いくらで生活していますか?そして将来、仕事を辞めて “年金暮らし” となった場合の収入はいくらぐらいになるでしょう?現状の生活スタイルを維持しようとすれば、現在の生活費と同程度の収入の確保が必要です。収入の確保が十分でなければ、それまでに貯めた貯蓄の取り崩しによって生活レベルを維持していくこととなります。

今回の記事では、「住む」ためだけでない、「貸して賃料収入を得る」ことを考えた【シングルライフのマンション購入】にアプローチいたします。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


■シングルの年金

年金制度改正案が語られるとき、例として頻繁に登場するのが “モデル世帯” です。これは、「夫は40年間フルタイムで就労、妻は40年間専業主婦」の平均的な世帯とされています。が、「シングルの場合はいったいどうなるの?」と気になります。

厚生労働省の試算では、年金の給付額に関して「現役平均賃金の5割を保証する」と説明がなされますが、これもモデル世帯での話。下表のように2025年の単身世帯、とくに男性の場合は、大きく5割を割り込んでいます。
次のようになります。


“年金暮らし”の想定パターンは、、、。
〔1〕年金給付額の範囲内で暮らす
〔2〕老後資金を貯めて備える
〔3〕年金給付額を補う収入を確保する


実際には、どれか一つの方法を選択するのではなく、取り得る手段を組み合わせてプランニングすることとなります。が、いずれにせよ準備は早いに越したことはありません。


■購入マンションの使い方

さて、マンション購入の際あなたは「今すぐ住む」「ずっと住む」を念頭に検討しておられますか。住宅購入のご相談を受けていると、「貸せるマンションかどうか」「貸したらどうなるのか」との質問も多く受けるようになりました。「住む」「貸す」に関しては、以下のように整理できます。

〔1〕今すぐ住む ⇒ ずっと住む
〔2〕今すぐ住む ⇒ 将来は貸す
〔3〕まず貸す  ⇒ 将来は自分で住む
〔4〕まず貸す  ⇒ ずっと貸す


ライフスタイルや自分を取り巻く環境、経済状況などは刻々と変化します。最初に決めたプランをまっとうできるとは限りません。今の時点で予測できる範囲で、変化を予想してみましょう。「転勤があるかも?」「親の介護期間は同居したい」「転職、独立開業」等々。“ライフスタイルの変化に対応可能なマンションを選ぶ”ことも将来への備えのひとつです。


■マンションの価値

マンション等の不動産の評価は、「同じような条件のマンションが2,500万円で売れたから、このマンションもそれくらいで売れるだろう」との類似の取引事例を参考に評価する方法から、「このマンションは将来どれくらいの収益を生みだすか=賃貸に出したらいくらの賃料を稼げるか」との評価方法へウエイトが移ってきました。高い賃料を得られるであろうマンションはそれだけ高く売れる、ということになりますが、これは「売却していくらの儲けになるか」というよりは、「持っていればいくらの儲けが見込めるか」という考え方です。

さて、次ページからは、「稼げるマンションの選び方」を見ていきましょう。