身軽にスタートできそうな在宅ワークですが、実際に仕事を始めるにはパソコンなどのアイテムと、仕事環境面の2つの環境を整備することが必要です。

在宅ワーク必須アイテム

ワークスペース
ワークスペースは快適に。仕事がはかどる環境をつくりましょう
在宅ワークに必要なパソコン、パソコン周辺機器などは、自分が始める職種によって異なってきますが、基本的に全ての業務に必要なアイテムをご紹介します。
  • パソコン
  • プリンタ
  • インターネットへの常時接続環境
  • FAXまたは複合機
  • 携帯電話
  • 容量記憶ドライブ(外付けHD、フラッシュメモリなど)
  • Microsoft Office(Excel、Word)
  • インターネットセキュリティ対策ソフト
  • 圧縮・解凍用ソフト
  • 暗号化ソフトウェア
■持っていると便利なアイテム
  • デジタルカメラ
  • スキャナ
  • ICレコーダー
  • テープレコーダー(テープ起こし、ライターの場合)
  • Adobe Illustrator、Photoshopなど(デザイン、DTP、HP制作の場合)
  • Adobe Dreamweaver、Flashなど(HP制作の場合)
  • Microsoft Office PowerPoint(プレゼンテーション資料制作、閲覧)
  • 秀丸などのテキストエディター
パソコンに関しては、ノート型でもデスクトップ型でも、自分が使用しやすいタイプを選んでいただいて構いません。というのは、仕事を始めるとほぼ毎日使いますから、おおよその目安で3年ごとに機種の見直しが必要となってきます。スペックが高く安価な製品が日々登場しますので、仕事で利益がでるようになってから、得意先などの環境に応じて買い替えを行うこともできます。初めて自分のパソコンを購入するのであれば、10万円前後の機種からのスタートがおすすめです。

メモリについては、予算の許す限り容量の大きなものを購入することをおすすめします。パソコンの機種によって変わってきますので、わかりにくいようであれば、量販店のパソコン担当者など詳しい方に相談してみましょう。

あと、必ず整備が必要なのが「インターネットセキュリティ対策ソフト」です。購入するだけでなく、ネット環境はいつも変化していきますから、パソコンの自動更新の設定をすることを強くおすすめします。

購入した当時は試用期間があるかと思いますが、その期間が終了してしまえば全く意味がありません。せっかくスキルがあってもインターネットセキュリティ対策がなされていない方には、企業としても仕事は発注できません。ネットセキュリティは、ある意味ビジネスマナーとして常識となっていますので注意しましょう。

■インターネットで注文できる便利なサイト
価格ドットコム
電化製品やソフトなどの販売価格をネット上で比較して購入できるサイト。どの製品を購入するか決まっている時に便利。

Amazon
家電から書籍、ソフト、雑貨などまで幅広く取り扱う大手ネット通販サイト。利用者のレビューなども参考になります。

・All About スタイルストア
一味違ったグッズを発見できるサイト。デザイナーからのコメントなどつくり手の顔が見えるのでお気に入りの逸品が見つかります。