30歳のあなたがマンションを購入し、30年間住むと、あなたは60歳。苦楽を共にしたマンションは愛着もひとしおです。60歳で会社をハッピーリタイアした後も人生はまだまだ。シニアライフの20年間をあなたは今のマンションとともに暮らすのでしょうか。

あなたのライフスタイルは変化し、マンションは経年劣化します。周辺環境や住人など、マンションをとりまく環境は刻々と変化していきます。

「資産を持ちたい」という理由でマンション購入をお考えの方も多いことでしょう。それは、なんのための「資産」でしょうか。「もちろん、老後のためよ。」そのような回答が返ってきそうです。「老後のための資産」、それは住む場所の確保という安心感をふまえた資産でしょうか。自分は実家に帰ってマンションを人に貸し、家賃収入を私的年金として活用するという生活費補填としての資産でしょうか。

マンションを持つには、多額の初期費用と維持・管理費が必要です。目的に合ったマンションでなければ費用ばかりが嵩み、あなたの「資産」とはなりません。まだまだ先の老後ですが、長期プランを考えたマンション購入を考えてみましょう。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

新しいマンションに何年住みますか?


single
苦楽を共にしたマンションは人生の同志。大切に長く付き合いたい。
モデルルームを見学していると、購入後のマンションライフのイメージが膨らみ、とてもハッピーな気持ちになります。あれもこれもいいなぁと目移りしますが、「どのマンションが現在の不満や不安を解消し、私の快適生活を実現してくれるかしら」と現在の私を基準に判断しがちです。「現在の私」を中心に考えることは間違ってはいませんが、少し「未来の私」を考えてみましょう。

あなたは購入したマンションに何年住む予定ですか。居住期間を考えたことがありますか。

30歳で購入し30年住むとあなたは60歳。平均余命まではおおよそ20年もあります。新築だったマンションも50歳くらい。あなたは住み続けているでしょうか。30代にはぴったりだった立地や周辺環境は、シニアのあなたには住みやすい環境でしょうか。

建造物としてのマンションはどうでしょう。あなたの使い方がよく、共用部分の日常管理や大規模修繕がしっかりとなされていれば、50歳のマンションであっても住むのに支障はないでしょう。ただ、建物は経年劣化します。購入当時に最新だった設備仕様も残念ながら時代遅れとなる運命です。

30代、40代、50代と人生の充実した時をともに過ごしたマンションは、思い出がいっぱい。住宅ローンも終わり、自由になるお金が増えて、さぁこれから、という時に古くなったからと簡単に住替えできるでしょうか。シニアの住替えは気持ちの面と資金面がポイントであり、住替えの必要性の有無は、最初にどのようなマンションを選んだかが鍵となります。

少し重たい話となりましたが、今の自分と将来の自分を考えてマンションを選び資金をシフトして欲しい、心からそう思います。次ページでは、先輩シニアの住まいの悩みと選択、あなたへのメッセージをみていきましょう。