「南東角部屋」神話には根強いものがありますが、あなたは角部屋にこだわりますか?通風採光ともに申し分のない角部屋ですが、通風採光が良いゆえの悩みもあるのです。角部屋は同じ広さでも、中住戸よりも価格が高いのが一般的。大切なお金を投資するのですから、後悔のない納得できるお買い物でないと元も子もありません。角部屋について考えてみましょう。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

明るいが寒くて暑い!?角部屋


skichika
窓が多いと明るくて快適。でも、夏は暑くて冬は寒い?
角部屋の魅力は何と言っても採光面が多く、部屋の中が明るいということです。採光については、角部屋であることだけではなく、開口部が南や東などどの方位に向いているのかという点も重要です。お昼間の明るさは南向きがダントツですが、南向きの恩恵を受ける昼間は会社にいて自宅にいない、というお勤めシングルにとっては、朝の出勤時に明るい東向きの部屋が良い場合もあります。南東角部屋、北東角部屋など、同じ角部屋であってもどの方角に面しているかは要チェックポイントです。

「マンションは暖かい」これは事実。どことなく隙間風のある一戸建てとは違って機密性が高く、それゆえ冷暖房費を節約できる可能性があります。シニアのシングルで、一戸建てからマンションへ引っ越した方が、「マンションは暖かく、冬はコタツだけで過ごせるので、安全で経済的だ」とお話ししてくださいましたがまさしくそのとおり。ところがこれが角部屋だと話は少し違ってきます。角部屋は少なくとも2方向に開口部があるわけですが、窓が多いとそれだけ外気温の影響を受けます。つまり、夏は暑く冬は寒くなる運命なのです。気にしておきたい、メリットがデメリットとなるポイントです。

プライバシーをより保てる角部屋


角部屋の魅力の一つにプライバシーを確保できる、という点があります。マンションは左右と上下階と4つの住戸と接しています。斜め上下階住戸を入れると合計6住戸にもなります。生活音は、出すほうも出される方も気になるもの。生活音への憂いから少しでも開放されるには、角部屋や最上階、一階住戸を選んで接する住戸数を減らすことが有効です。ただし、音は躯体を走りますので必ずしも上下階と両隣だけをケアしておけばよいわけではないことにもご留意ください。

プライバシーの確保にあたっては、共用廊下も要注意です。中住戸だと自分の家の前の廊下を人が通ることが前提です。寝室が共用廊下側になると、夜中に帰宅者の足音が気になるかもしれません。角部屋だとほとんどのケースが廊下の突き当たりとなり、自分の家の前を人が通る事を極力避ける事ができます。部屋の前を人が通るのを避けるには、角部屋を選択する以外に、アルコーブや吹き抜けのあるタイプなど、廊下と住戸との間になんらかのスペースがあるものを選択する方法があります。

通風採光とプライバシーの面から角部屋の特徴をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。角部屋か否かも重要ですが、途中でお話ししたとおりどちらの面に開口部があるかも大変重要です。エリアによっては、西風が強いなどの独特の要素もあり、風によって運ばれる音や臭いが気になるケースも出てきます。現地見学やエリア情報の収集は大切です。自分にとってベストなマンションを選ぶには、住戸の快適さと立地条件の快適さと両方の観点が必要です。あなたにベストなマンションが見つかりますよう応援しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。