おぼえておきたい基本操作、入力のキーボードショートカット

ここでは、「これを覚えなきゃ絶対使いこなせない!!」というキーボードショートカットを紹介します。覚えるコツ・キーワードもあわせて紹介しますので、ここでがんばって覚えちゃいましょう!

※「覚えるコツ・キーワード」の説明は、私が勝手に考えたもので、正式な由来に基づくものではありません。

●基本編集
操作 意味 覚えるコツ・
キーワード
control + u セルを再編集します。 Update
(アップデート)の U
control + b
/ fn + delete
選択状態のセルの中身をすべて空白にします。※デスクトップタイプのキーボードならば、Del キーの位置にあるキーだけでOK。 Blank
(ブランク) の B
control + i セル挿入します。 Insert
(インサート) の I
control + k セルを削除します。 Kill
(キル)の K ?
control + スペース 選択セル位置の列をすべて選択します。挿入、削除操作と組み合わせると便利です。 control が縦、
shift が横 とセット
で覚えましょう。
shift + スペース 選択セル位置の行をすべて選択します。  〃
command + x / c / v カット/コピー/ペースト X ははさみに似ている
Copy の C
/ V は 絞り出し機
に似ている
command + shift + v 形式を選択してペースト command + Shift キーを押す操作は Mac 全般で、操作の値をシフトするという意味があります。
control + リターン 選択範囲に入力したセルの値をコピー 普通にリターンでは現在のセルだけ確定、control を押すと、選択範囲全体に確定。
control + d 現在のセルと同じ列で直前の値をコピーして入力 Duplicate (デュプリケート:複製)の D
control + r 現在のセルと同じ行で直前の値をコピーして入力 Repeat (リピート:繰り返し)の R
command + option + リターン でセル内改行
command + 1 で書式設定ダイアログ
command + s (保存)
command + shift + s (名前を付けて保存)
command + n(新規ブック)
command + p (印刷)
command + o (ファイル開く)
command + w(ウインドウ閉じる)
……などはMac全体でほぼ共通の操作!


覚えておくと便利なもの

たま~にしか使わないけど、覚えておくと便利な操作を紹介。

●罫線
command + option
+ 矢印キー
セルの枠を追加、削除!
command + option + 0
(数字の0)
選択範囲に外枠をつける!
command + option + -
(記号の マイナス)
選択範囲の罫線を消去

●表示
command + _ 計算式の表示/非表示できる。
option + 左右キー シートを切り替え

●挿入
command + shift + n セル入力中に押せば、メモ入力ができます。
command + k URLなどのハイパーリンクが入力できます。
option + 下矢印キー オートコンプリート候補一覧表示

●書式
command + b 太字に変更
文字サイズの変更:
[command + shift + ,]:大きく
[command + shift + .]:小さく
※(command + < と command + > )
command + shift + -  取り消し線入力
command + L(左)、E(中央) 、R(右) 文字揃え位置変更
ふりがなの付いたセル内編集中に option + shift + 上矢印キー でふりがな編集



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。