クレジットカードについて

クレジットカードについて
日本では、まだまだ使われる比率の低いクレジットカードですが、海外ではほんとうに重宝します。

まず、クレジットカードが身分証明書がわりになるという点を忘れてはいけません。ホテルを予約するのにカード番号がないと予約させてもらえない場合があるくらいです。

また、換算レートによっては、現地の口座からお金を使うより、日本の口座から日本円で落としたほうがよいという場合もありえます。

さらに、海外就職者にとってうれしいのは、航空会社とのマイレージの提携です。ANA、JALをはじめ、主要な航空会社ではクレジットカードとマイレージを連携させていますので、必要な買い物をしながらマイレージをためてしまうことができます。



カード詐欺にはくれぐれも注意!

最後に、私が実際に出会ってしまった体験を共有したいとおもいます。

わたしは、数年間アメリカで暮らしていたのですが、いまだにそのときの口座を残してあります。ところが、先年の11月、ふと口座をオンラインで確認したところ、、、な、ないっ!!お金がすっかりなくなっていたのです。ご丁寧に、引き落としできなかった際のペナルティフィーまでしっかりとられていました(そのときのあわてぶり)。

あわてて銀行に問い合わせをし、散々タライマワシにされたあげくに、なんとか書類をすべて書き終えてお金を返してもらうことができました(しかもなぜか少し多く返ってきました)。

いまだに何が原因であんなことになったのかはさっぱりわからないのですが、いつ、どこで、どんな事態が起こるかわからない怖さを実感しました。

なかなかこんなことはよくある事件ではないとはおもいますが、お金に関してはくれぐれも注意してくださいね。



渡航前のお金の準備、いかがでしたでしょうか?銀行口座の開設やクレジットカードの準備など、現地で困ることも多いかもしれませんが、ひとつひとつクリアしていけば大丈夫な作業ですので、落ち着いて対応しましょう。

【関連リンク集】
クレジットカード from All About
銀行サービス from All About

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。