「私にも海外で働く機会があるのかな?」と漠然と考えたり、あるいは「海外で働いてみたいな」と具体的に考え始めるとき、あなたならまず何をしますか?

実は比較的簡単にできて、わかりやすい考えの整理の仕方があります。それは、「海外で働く」ことのメリットやデメリットを書き出してみること。物事を決めるときに、よい点と悪い点を書き出すという手法はよく使われますが、これは論理的に結論を導きだすには非常に効果的な方法です。今日は「海外で働く」をテーマに一緒に考えてみましょう。

まずは、以下のリストをみて全体像をつかんでください。 これらは日本の一般的な企業で働くのに比べて、海外で働くことの代表的なメリット・デメリットとして考えられるポイントとなります。
【メリット】
 1)年功序列より実力主義
2)組織より個人を尊重
3)独自のキャリアを築く可能性
4)生活の自由を満喫

【デメリット】
 1)雇用状態が不安定
2)家族の問題
3)ドライな職場
4)社会保障の不安

さて、次はいよいよひとつひとつのメリットについてわかりやすくご説明しますね。