1月から3月は求人も沢山あり、転職のシーズン。4月からは新卒採用にシフトしなければいけない企業もあり、この時期は中途採用の季節ともいえます。年末、年始に転職について考えて、履歴書、職務経歴書を書いている方も多いのではないでしょうか。

今回は、履歴書、職務経歴書のNG集です。この時期、人事の方も沢山の履歴書、職務経歴書を見ています。NG項目にひっかからないように気をつけましょう。

汚い字に注意!

写真にも手を抜かないこと!
写真にも手を抜かないこと!
履歴書において、手書きが求められている場合、まず汚い字は落とされます。理由は、正式な書類や契約書などが書けない人だと思われるからです。とはいっても、物凄く美しい文字を書く必要はありません。走り書きではなく、ゆっくりと丁寧に書いてください。気持ちは伝わるものです。
「こんなこと学生時代から知ってるよ!」と、馬鹿にしている人に限って、落とし穴があります。たとえば、会社説明会後のアンケート。すべては「見られている」という意識にたってください。正式な契約書などを書くときは、私はきちんと書くんだよと言ったところで、相手には通じません。些細なことですが、手書きを求めている会社は、文字の書き方を見ています。手書きでなくてもかまわない場合で、文字に自信がない方は、PCを使ってみてください。

履歴書の年号に注意!

入学、卒業年月日、間違いないですか?計算してみると、留年もしていないのに、大学に5年通っていることになっていたり、浪人しているのに、浪人していないことになっていたり。入社や卒業年は必ずきちんと調べること、調べてわからないときは、学生時代の友人に確認するなどしてもよいでしょう。履歴書に添付されている年号早見表も参考になります。

履歴書の日付に注意!

案外盲点なのは、履歴書の日付。書いた日付を記入し忘れがないようにしましょう。最後に書こうと思っていて、(沢山の会社に出すので)忘れている方がいます。また、3ヶ月以上前の日付がついてあるものは、人事としては、見る気持ちがちょっと萎えます。理由としては、もしかして、この方、転職活動をしているが、なかなか決まらない方なのかな?ほかの会社では欲しくない人なのかなと思われる可能性があるからです。

写真がひどすぎる!

履歴書の写真について、現在は人材紹介会社を経由する場合を中心に、写真が必要なくなってきています。とはいえ、書類選考で写真が必要な場合も。その場合は、他人からみて写りの良い写真に絶対すべき。修正をしてくれる会社もありますから。あまりやりすぎはよくないですが、どうみてもこれはベストの写真じゃないだろうというものを貼っている方がいる。これは、いかにももったいないことです。

次のページでは、「職務経歴書」のNG集をご紹介します!