参考書籍・サイト


『市民政府論』 ジョン・ロック 鵜飼信成訳 1968 岩波文庫
『社会契約論』 ジャン・ジャック・ルソー 桑原武夫・前川貞次郎訳 1954 岩波文庫
『ヘーゲル 理性と現実』 中埜肇 1968 中公新書
『政治学への道案内[増補・新版]』 高畠通敏 1991 三一書房
『政治学』 高畠通敏・関寛治編 1978 有斐閣新書
『現代政治市民論』 高畠通敏編 2003 世織書房
『政治学講義』 佐々木毅 1999 東京大学出版会
『アメリカの法律と歴史』 尾崎哲夫 2004 自由国民社
『ヨーロッパ政治思想概説』 鳥谷部平四郎 2000 大学出版協会

1ページ目 【「人民の人民による……」なぜ「国民」「市民」ではない?】
2ページ目 【「市民」という言葉の歴史を振りかえって考える】
3ページ目 【国民も民族も「Nation」……そのわけは?民族と「エスニック」の違いは?】

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。