(2005.03.13)

今、日韓両国の間で「竹島」領有をめぐる論争が再び大きくクローズアップされています。なぜ竹島領有問題が起こったのか、そしてそれがここ最近、韓流ブームで日韓友好ムードが漂うなかなぜ竹島をはじめとした「反日」が盛り上がりを見せているのか、解説してみました。

1ページ目 【竹島=日本領説の根拠と、それに対する韓国の反論】
2ページ目 【竹島が韓国に占拠されるなか、実現した日韓国交正常化】
3ページ目 【今現在の韓国で巻き起こる「反日」の背景にある事情】

【竹島=日本領説の根拠と、それに対する韓国の反論】

●こちらも要チェック! 政治についての基本知識と基本用語

小さな小さな竹島、しかしそれを領有する意味は大きい

竹島(韓国名:独島)は、日本海に浮かぶ小さな島です。女島・男島といくつかの岩からなっていて、広さは0.23平方km、だいたい日比谷公園と同じ面積です。

このような小さな島がなぜ・・・それは、排他的経済水域(EEZ)の問題があるからです。EEZについてはこのサイトでもさんざんやってきたのですが、簡単にいうと「主権は及ばないが(他国の船の航行などは自由)、その水域の地下資源や水産資源などを優先的に利用できる」水域のことなのですね(くわしくはこちらをご参照ください)。

だから、竹島がいかに小さな島とはいえ、そこから発生するEEZはかなり広範囲にわたるわけです。竹島が日本のものか、韓国のものか、というのは、そう考えるとかなり大きな経済的問題(特に日本海の場合は漁業問題)に発展するわけです。

竹島日本領、その根拠とは

で、竹島は日本領なのか韓国領なのか。国際法の「先占」理論でいうと、結論は「日本領」になります。

先占理論についてもこのサイトで何回か説明してきたのですが、簡単にいうと(1)先にどの国のものでもないその土地を見つけ、かつ(2)先にその土地領有の意思を公的に示したこと、の2つを満たした場合、その土地はその国の領土になるというものです。

近世までに、韓国(当時は李氏朝鮮)、日本も竹島を見つけていました。どっちが先か、というのは今から検証するのは難しいでしょう。そのころは近代的な「国境」という概念もなかったわけで。

さて、日本では1661年、江戸幕府が伯耆藩の大谷、村川両家に竹島領有の権利を与えるなど、竹島は日本海漁業の拠点として、知られた存在でした。

漁民たちはさらに韓国寄りの鬱陵(ウルルン)島まで手を伸ばすのですが、さすがにそれは止めてくれという朝鮮の申し出があり、鬱陵島への渡航は禁止されます。しかし竹島は引き続き大谷、村川両家の領有地でした。

さて、ここまでは日韓両国ともに(1)の条件はクリアしていたのですが、近代になって、日本の国境確定をすることになった日本は、竹島でアシカ猟をしたいという申し出があったこともあり、1905年、竹島を島根県に編入する閣議決定をしました。

この決定に対する韓国からの異議申し立てもなかったので、これで、日本は韓国よりも先に(2)の条件をクリアし、竹島は先占理論によって国際法上公式な日本領となったのでした。

(※幕府が大谷、村川両家に竹島を与えた時点で、「先占」が成立しているという説もあります。外国への通告は先占成立に必要ないからです。日本と李氏朝鮮は鎖国時代も定期交流があったので、この事実を朝鮮王国が知らなかったことも考えにくいです。)

韓国側の「竹島日本領説」への反論

もっとも、これには韓国から異論が上がっています。

1905年の前年、韓国は日本と第1次日韓協約を結ばされ、財政権・外交権が事実上日本に奪われ、保護国化していた。従って、1905年の日本竹島領有に対して、異議申し立てができる状態ではなかった、ということです。

それももっともといえばもっともです。しかし、それを主張するなら、堂々ときちんとした機関で議論を受けて立つべきだと筆者は考えます。韓国は、今のところそれを拒否しています。それはまた後で述べることにします。

とりあえず、韓国の言い分は、「こっちだって先に見つけていた。領有権が主張できなかったのは日本の帝国主義、植民地主義のためで、アンフェアだ」ということです。

竹島は「暴力的に」日本が領有してきたのか

さて、日本は1910年に韓国を併合しますが、1945年、太平洋戦争で日本が敗戦した際、ポツダム宣言を受け入れることによって、朝鮮半島の独立が回復されます。

つまり、

ポツダム宣言 第8項
カイロ宣言の条項は、履行されるべく、又日本国の主権は、本州、北海道、九州及び四国並に吾等の決定する諸小島に局限されるべし。


これを受け入れたわけです。

「カイロ宣言の条項は、履行されるべく」というのは、カイロ宣言にある「日本は、暴力及び貪欲により略取したる他の一切の地域より駆逐せらるべし」ということを実行するぞ、ということなのですが、

竹島は江戸時代初期からとくに戦争沙汰もなく日本人に利用されていた経緯から考えると、日清戦争で獲得した台湾などのように「暴力及び貪欲により略取した」島ではないように思えます。

しかし韓国は、「竹島領有は日本の朝鮮侵略の第一歩で、まさに『暴力及び貪欲により略取した』島だ」と主張するわけです。

もっとも、韓国が竹島の領有を主張する根拠は、別の文書にあるようです。次のページで見ていきましょう。