そうはいっても、ノーネクタイは失礼?

いくら環境に優しいといっても、やっぱり取引先との商談にはネクタイが必要、という声もあちこちから聞かれます。では、企業の取り組みはどのようになっているのでしょう。
財団法人 省エネルギーセンターの調査(2004年5月)によると、軽装化を奨励している企業での回答では、意外に評判は良いようです。
coolbiz
ネクタイがないと仕事ははかどる?


●軽装化を奨励している企業に聞きました
顧客からの評価が良くなる・・・20.3%
顧客からの評判が悪くなる・・・ 6.3%

業務効率が上がる・・・・・・・46.8%
業務効率が下がる・・・・・・・ 1.3%

このようなデータ結果を見ても、なかなかクールビズを実践できる民間企業、特に営業職では多くはないと思われます。それでも、検討の段階にあるのであれば、先行している民間企業の例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

財団法人 省エネルギーセンターでは、軽装化を奨励している企業の紹介もしています。
財団法人 省エネルギーセンター>生活の省エネ><衣>オフィスのスマートファッション(H17.6)
◎コクヨ株式会社
◎株式会社東京三菱銀行
◎キーコーヒー株式会社

折りしも、父の日が迫っている今、今年は父の日にクールビズスタイルをプレゼント、なんていう人もいるかもしれません。まるでバレンタインデーのようにデパートの戦略に踊らされて、という反論もあろうかと思いますが、会社の中でクールビズスタイルを「ステキですね♪」とひとことささやくと、女性の冷え対策にもなるかもしれませんね。

【関連サイト】
サマータイムの実験はいかに?
きれいな空気、お値段いくら?
財団法人 省エネルギーセンター
“COOL BIZ ”環境省地球環境局

【関連リンク集】
「エネルギー資源・環境問題」リンク集
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。