2.再販制度がないと本の価格が高くなる

この点について、なぜそうなるのか詳しい説明はありません。普通に考えれば、再販制度がなくなれば自由競争で書籍の価格は下がるはずです。

3.再販制度がないと遠隔地で本の価格が高くなる

これは確かに嘘ではないでしょう。自由競争になれば、競争の少ない遠隔地では高くても売れるので、高値で本が売られることになります。しかしその分都市部では値段が下がりますし、遠隔地の方もオンライン書店で安く買うこともできます。

4.再販制度がなくなると本屋さんが減る

これも確かに事実でしょう。競争が激しくなれば、中小の書店は淘汰されていきます。ただしそれも自由競争の結果であって、市場経済では当然のことでもあります。

先進国では珍しい再販制度の維持

<主要国における再販制度の有無>
主要国の再販制度の有無表
無条件の再販制度が残っているのは、主要国では日本くらいだ。
アメリカではすでに再販制度が完全廃止されていることはお話しましたが、他の先進国でも廃止されている国が多いのです。例えばイギリスでも完全に廃止されていて。韓国も2008年には完全になくなる予定です。

フランスやドイツではまだありますが、書籍類についてだけであって、CDには適用されません。また書籍類も、期限が決められていてその間に認められているだけです。他でも再販制度がある国はいくつかありますが書籍類についてのみで、CDにまである国は先進国では日本くらいです。

他の国が次々に再販制度を廃止するなか、日本がそれを残しておく理由は何でしょうか? また必要はあるのでしょうか? メーカーや小売業者だけではなく、消費者も考えてみるのがいいのではないでしょうか?


世界のニュースについてさらに踏み込んだ情報を載せて、毎月メールマガジンを発行しています。世界のニュース・トレンドガイドメルマガのご購読を希望される方は、href="http://allabout.co.jp/career/worldnews/nlbn/NL000644/bnbody_1.htm">こちらからご登録ください。

【関連リンク】
「ハリー・ポッターの学校に入学」(All About 短期留学・ホームステイ)
「『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』来日会見」(All About 映画)
「ハリー・ポッター作者の結婚生活」(All About 新婚生活)
「ハリー・ポッターの魅力を探る!」(All About 幼児教育)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。