1ページ目 【チェチェンってどこ?】
2ページ目 【なぜチェチェンは独立を求めるのか】
3ページ目 【アメリカはじめ先進国の二重基準】

【なぜチェチェンは独立を求めるのか】
もう1つの「イスラム問題」それがチェチェン


1991年にソ連が解体する前後から、ソ連を構成していたロシアなどの共和国などはいっせいに「主権宣言」つまり、ソ連に頼らず独立国家としてやっていくぞ、と事実上の独立宣言をしていました。これがソ連解体につながっていったわけですね。

と同時に、ロシアのなかで「自治共和国」とされていたいくつかの地域も、独立を宣言するようになりました。特に黒海とカスピ海にはさまれたカフカス地方では、民族・宗教が入り組み、独立の気運は高まっていきました。



しかし、ソ連崩壊後、ロシアはそれまでの自治共和国を共和国に昇格させながら、ひきつづきロシア連邦のなかで統治するという方針で、自治共和国の独立を認めませんでした。

 

特にイスラム教徒の多いチェチェン=イングースは連邦残留派のイング-スと独立派が多いチェチェンに分裂。もっともチェチェン内部にも連邦残留派がいたので、内戦が始まり、ロシアも大規模に介入。1996年まで、この内戦は続きました。

おさまったはずの内戦でしたが、この間(おもにロシアの弾圧によって)急速に広まったイスラム原理主義者を中心とするチェチェン=ゲリラがテロ活動を開始、1999年にロシアは再び大規模な軍事行動に出ます。

この軍事行動においてほぼチェチェンのゲリラは鎮圧された、といわれています。しかし、各種のテロ事件が示すように、根絶、とまではいっていないのが現実のようです。

ちなみに、このときチェチェン鎮圧の指揮をとったのが当時のプーチン大統領。かれはこれで一気に国民的人気を得て(!)大統領選に楽勝したのです。

イスラム原理主義者と、軍事大国との戦い。どっかで見たような図式が、ここでも垣間見れるわけです。これに大して、国際世論はどうみているのでしょうか。次のページで解説していきましょう。