世界中の映画ファンを魅了し続けるハリウッド映画。そのハリウッド映画の製作には、実に莫大なお金が費やされます。ハリウッド映画の製作費は近年特に高騰していて、1本の映画の製作に日本円で50億円以上かかるのは当たり前。話題作では100億円以上かかることも珍しくありません。では、そんな大金をハリウッドの製作会社はどのようにして集めているのでしょうか?

100億円以上は当たり前のハリウッド映画

ハリウッド映画の製作費トップ10
ハリウッド映画の史上製作費ベスト10
『クレオパトラ』は史上最高額の製作費を投じた
最新鋭の特撮技術、とてつもなく大規模なセット、そして俳優やプロデューサーに支払う巨額のギャラ……。ハリウッドのヒット映画の製作には、莫大なお金がかけられています。ハリウッド映画の製作費は近年特に上昇傾向にあり、100億円以上かけて製作される映画もザラです。

上の表は、これまで高額の製作費をかけられたハリウッド映画のベスト10ランキングです。全て2億ドル(240億円)前後の途方もない費用が使われていますが、1位の『クレオパトラ』以外はみんな最近の作品ばかりです。最近のハリウッド映画が、いかに製作費が高騰しているかお分かりかと思います。

これだけの製作費を投じて、果たしてそのコストは回収できたのでしょうか?ベスト10の中で最もヒットしたのは、2位の『タイタニック』です。『タイタニック』のヒットは皆様ご存知とは思いますが、全世界で約23億ドル(2760億円)もの興行収入を上げました。これは製作費の11倍以上で、巨額のコストをかけた中では大成功と言えるでしょう。

その一方で全く不振に終わったのが、8位の『サーティーンスウォリアー』です。この映画は日本でもあまり大々的には公開されず、名前を知っている方も少ないでしょう。『サーティーンスウォリアー』は、全世界の興行収入を合わせても7000万ドル(84億円)程度にしかなりませんでした。これでは製作費の半分も回収できず、大赤字に終わったことになります。

ベスト10全体を見ると、だいたい製作費の2倍くらいの興行収入が平均となっています。それくらいにヒットすれば、製作コストも回収できて、さらに利益もあげてまずまずの成功と言えるのでしょう。

→ではハリウッドは、莫大な製作費をどうやって調達しているのでしょうか?