カレンダーは身近な「教材」

カレンダーを活用すれば、数が曜日の感覚が上手に身に付く!
カレンダーを活用すれば、数が曜日の感覚が上手に身に付く!
1歳代の子どもを見ているときに、一度おもしろい経験をしたことがあります。その子は親戚のあるおばさんが大好き。そのおばさんが家に遊び来る前日の夜に、お母さんが「明日、おばさんが家に遊びに来てくれるのよ」と、話しかけたところ、なんとその子はすぐに玄関まで飛んで行ったんです。

つまりその子は「おばさんが遊びに来る」という部分は理解できたけれど、「明日」という時間、曜日感覚がまだ身に付いていなかったんですね。そんな子どもたちに数字や曜日を無理なく身につけさせるためのもっとも身近な”教材”、それがカレンダーです。そこで、子どもが思わず眺めたくなっちゃう?!2006年の楽しいカレンダーを徹底紹介します!

カレンダーを使って上手にお勉強!

画像をクリックすると、この作品の情報を見ることができます。
「1日にたった1個の単語やことわざを覚えるだけでも、1年間では365個覚えることができる」という「コツコツ勉強法」を、英会話習得などに活用している大人も少なくありません。そこでこの「コツコツ勉強法」を、カレンダーを使って子どもたちに実践させてみませんか? 

右に紹介したのは「日めくり型 故事ことわざ 2006年度 カレンダー」。365個も覚えれば、中学受験レベルではお釣りがくるほどでしょう。そして子どもたちに大人気の「にほんごであそぼ」では、「いろはかるた」形式の「にほんごであそぼ」週めくりカレンダーを発売予定。さらにズバリ!「カレンダーを見ながら楽しくお勉強」が基本コンセプトなのがハローキティいろいろおぼえる 2006年度 カレンダー。トイレに貼れば、勉強だけではなく、「大好きなキティちゃんがいるから」と、子どもが喜んでトイレに行くようになり、トイレトレーニングがはかどるかもしれませんよ!

キャラクター大好き!キッズにお勧め!

画像をクリックすると、この作品の情報を見ることができます。
男の子人気ナンバーワン!になりそうな勢いなのは甲虫王者ムシキング 森の民の伝説 2006年度 カレンダー。実をいいますと私、虫、とっても苦手だったんです。でも、子どもに付き合って昆虫展に行ったり、昆虫採集に行ったりしているうちに、だいぶ「免疫」が出来てきました。「昆虫が苦手!」というママこそ、これをお部屋に貼って”免疫力”を強化してはいかが? 

そして女の子にお勧めなのがふたりはプリキュアウィークリーシール 2006年度 カレンダー。ハート形のかわいいケースの中には、53枚のウィークリーカレンダーが入っていて、これがステッカーにもなるという優れもの。まさに”一粒で二度おいしい”カレンダーです。

その他、毎日「日めくり」させることで、自然と数字や曜日感覚に慣れ親しむことができる日めくりポケモンオールキャラ 2006年度 カレンダー、学習机の上やテレビの上など、子どもの目にとまる場所に気軽に置くことができる卓上 ドラえもん 2006年度 カレンダーなどもお勧めです。さらに絵本で大人気のバムとケロのカレンダー 2006ねんなら、性別、そして年齢を問わず家族で楽しく使うことができます。

来年は戌年(いぬどし)!

画像をクリックすると、この作品の情報を見ることができます。
来年の干支がなんだか、皆さんご存知ですか?そう、来年は「戌年」。犬はカレンダーの定番モチーフですが、せっかくの戌年ですから、犬を飼っている犬大好きファミリーだけではなく、来年は犬カレンダーを活用したいものです。

Nature Lifeでは、なんと「犬種別」のカレンダーがあり、我が家のペットと同じやつ!といったワガママもここならO.K.です。また、ペットのワンちゃんの写真を使ってカレンダーを作ってくれるのは1チアー。そしてとにかく毎日、たくさんのワンちゃんを眺めて暮らしたい!なら「わんこがいっぱい 2006年度 カレンダー」がお勧めです!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。