結婚前後は役所へ行く回数もできるだけ減らして効率的に!

いろいろ買いそろえたくなりますが、結婚祝いで食器をいただいたりすることも多いので、生活を始めながら徐々に揃えるぐらいのつもりで、スタートしたほうが無難です

いろいろ買いそろえたくなりますが、結婚祝いで食器をいただいたりすることも多いので、生活を始めながら徐々に揃えるぐらいのつもりで、スタートしたほうが無難です

最近では、結婚式前に同棲しているというカップルも増えているので、一概にこれがベストな段取りとは言えませんが、結婚前後はいろいろな手続きがあり、忙しくなるもの。役所へ行く回数もできるだけ減らし効率的に…と希望するカップルは多いようです。

ここでは、結婚を機に一緒に暮らし始めるカップルを想定して、効率的な新生活スタートの段取りを考えてみます。
 

結婚6か月前!新居探しから新生活スタートまでの流れ

□6カ月前 
*新居のプランを立てる。賃貸か購入か、会社のある場所との関係、実家との近さ等。
*二人の家族計画にもかかわってくるので、よく話し合って。

□3カ月前
*新居を決定
*引っ越し日、引っ越し業者を決める
*家具・家電等を購入

□1カ月前 
*新生活準備品購入リストを作る
*新居の電気、ガス、水道、電話、新聞などを手配
*引っ越し
*新姓の印鑑を作る
*転出届、転入届(転居届)を出す
*婚姻届を出す
 

入籍・結婚と引越し、どっちが先?タイミングを考えよう

手続きで役所にいく回数の効率化を考えれば、引っ越し後に婚姻届を出すことをおすすめします。引っ越しの際は転入届(転居届)を引っ越しの14日以内に役所に提出しなければならないため、引っ越し後14日以内に婚姻届を提出すれば、一度に片付きます。
 

最初は必要最小限の荷物でスタートを

まずは、それぞれの荷物を整理することから始めましょう。忙しい時に、大量の段ボールが家に積まれているとなかなか気が休まりません。先は長いので、一つずつゆっくり丁寧に片づけていくほうが気分的にもラクなはずです。

【関連記事】