結婚すると新しい戸籍が作られる

婚姻にはさまざまな様式がありますが、日本では戸籍への届け出を義務づける「届出婚」を採用しています。民法でも「婚姻は、戸籍法の定めるところによりこれを届け出ることによって、その効力を生ずる」と定めています。

“「結婚」を「入籍した」というのは間違い?
日本では結婚に際して婚姻届を提出することが義務づけられています
ちなみに、この法律は「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」という憲法と矛盾しているのではないかという指摘もあります。

さて、戸籍には筆頭者とその配偶者、筆頭者と氏が同じ未婚の子が記載されることになっています。ですから、子は結婚する(婚姻届を出す)ことによって親の戸籍から抜けて、新しい戸籍を作ることになります。つまり、どちらか一方の戸籍にどちらか一方が入るわけではありません。ですから、結婚することを入籍すると言うのは、正しくないということができます。

戸籍の筆頭者はどう決まる?

結婚の際にふたりで決めなくてはならないことのひとつに、どちらの氏を名乗るか?新しい本籍をどこにするのか?ということがあります。婚姻届にも「婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍」という欄が設けられています。

婚姻後の氏は夫と妻、どちらの氏を名乗っても構いません。現状では夫の氏を名乗る人が多いようです。ここで注意したいのは、婚姻届が受理されてしまうと、氏の変更はよほどのことがないと認められないということ。夫の氏を名乗りたいのに、うっかり間違って妻の氏の欄にチェックを入れてしまったなんていう場合でも、氏の変更は基本的には認められませんのでご注意を。

なお、この時、夫の氏を名乗ることを選択した場合、戸籍筆頭者は夫となります。反対に、妻の氏を名乗る場合、戸籍の筆頭者は妻となります。

新しい本籍はどこにする?

結婚をすると新しい戸籍が作られますので、婚姻届を提出する際には新しい本籍の住所を記載します。これは自分たちで好きな住所を決めて構いません。住んでいるかいないかは関係ないので、たとえば、ふたりの思い出の場所の住所でもいいわけです。

とはいうものの、戸籍謄本や抄本を取り寄せる必要が生じた場合は、本籍がある役所に出向く必要があります。遠方の場合は、郵送してもらうこともできますが、どちらにしろいま住んでいる場所と本籍地があまりに離れている場合、不都合が生じる可能性があることは頭に入れておいたほうが良さそうです。