続く円高傾向・ユーロ安 
2012年の夏 行きたい海外旅行先ベスト10 

海外旅行と円

現地での両替には万札より小額紙幣が役に立つ

続く円高傾向にユーロ安。ここ最近、海外旅行パッケージツアーも、値ごろ感のある商品が続々発表されています。ちなみに円高とは、他国の通貨に対して円の価値が高まること。ホテルなどの仕入れ代金を抑えることができるので、旅行会社はツアー料金を安くすることができ、さらに現地でのお食事やショッピングにも割安感が得られます。

特に最近は、欧州の信用不安からユーロ安が顕著です。とはいえ欧州の一部では、ロンドンオリンピック2012の開催で、ホテルや航空座席の予約がとりづらくなっています。

自宅にこもって五輪観戦をしたいところですが、さらに夏の節電で避暑を求める人の動きも出始めています。あなたなら、この夏、どちらの国をめざしますか? 2012年夏の旅・おすすめ国ベスト10をご紹介します。

 

第10位 タイ(タイバーツ)

タイ

スパイシーで美味しいタイ料理 夏バテ知らずに

洪水被害からの立ち直りが早かったタイ。観光地も平穏を取り戻し、活気を帯びています。首都バンコクと北部の古都・チェンマイが狙い目。特にバンコクは、ホテルの選択肢も豊富なので、自由旅行で行きたいディスティネーションです。タイの通貨はバーツ。日本円で持ち出して、現地で両替するとお得です。物価が低く、バリューフォーマネーを実感できるタイ。屋台やローカルレストランでの食事も、旅の風情があって、何より美味しいのがタイの嬉しいところです。滞在中はスパマッサージやゴルフなどのアクティビティを予定するとよいでしょう。

現地の詳細はこちら>>>タイバンコク


 

第9位 香港(香港ドル) 

香港

インターコンチネンタル 香港の可愛らしいアフタヌーンティー

人民元ではない中華圏―――。今も進化する香港は、北京や上海と違って一段と洗練されているのが特徴で、夏の近場旅には最適です。中国からの旅行者が増え、香港の街はどこへいっても活気があります。そのためホテルなどは、やや高め。できればフリータイムのツアーや、航空券+ホテルのダイナミックパッケージがおすすめです。香港ドルは、現地到着後に両替を。クレジットカードと、当座の現金を併せ持つようにします。食は香港にあり。ちょっと気取って、グレードの高いホテルでのアフタヌーンティーもおすすめです。

現地の詳細はこちら>>>香港


 

第8位 北欧(ユーロとクローネ) 

フィンランド

キュートな柄が人気のマリメッコ 北欧ブランドに触れたい

暑い節電の日本を抜け出して、日本に一番近いヨーロッパ・北欧を訪ねてみてはいかがでしょう。北欧4国(デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド)のなかで、通貨ユーロを導入しているのはフィンランドのみ。首都ヘルシンキは、アーティスティックな街として若い人にも人気です。マリメッコに代表されるビビットなテキスタイルや、シンプルな北欧家具に小物たち。そしてムーミンの里としても、フィンランドは知られています。また、スカンジナビア半島の周辺国が使用する通貨クローネも、ユーロに連動しているので、ユーロ安の今が狙い目です。