「パークハウス」が、なぜ富裕層から高評価を得ているか?

三菱地所が手がける分譲マンション「パークハウス」。同シリーズは、丸の内の開発事業で培った高い技術力をもとに、選び抜かれた用地で良質な高級マンションを数多く生み出している。

決して奇をてらわず、第一に確かな品質を追求する「パークハウス」は、安全で快適な住まいを求める富裕層にとくにその信頼が厚い。

保守的なイメージとは異なり、先進技術の登用にも積極的である。耐久性が求められる住宅には、その時々に最適な材質や工法を常に追い求める姿勢が欠かせないとの発想がモノづくりの根底にあるからだ。

そんな「パークハウス」シリーズのラインナップにこのほど新たな高級物件が加わった。「本郷パークハウス ザ・プレミアフォート」——都心の広大な敷地に建てられた本格派邸宅マンションの誕生である。

至高な住まいに欠かせない土地の条件

本郷1丁目の丘に全207邸の壮大なスケール。本郷パークハウス ザ・プレミアフォート<外観完成予想図>
地域を代表する秀逸なマンションは、いくつかの恵まれた状況が重なりあって生まれるものだ。とりわけ、人の手を介して形づくられる建物とは異なり、それは敷地にまつわる諸々の条件を指すケースが多い。

都心の高台というロケーションだけにとどまらない「本郷パークハウス ザ・プレミアフォート」の利点は、まさにその敷地条件の希少性にあるといえるだろう。まず、住宅地に好都合である南面間口の長さ。さらに無駄のない整形な形状。そして約3,900m2を超す規模は、実にエリア最大級を誇る。

雨の日も濡れない車寄せや来客用も加味した駐車場の附置台数、そして季節感を彩る植栽など、集合住宅ならではの魅力付けができるか否か。それは、用地面積の大小だけではなく、効率的な配置が実現可能な形状かどうかにかかっている。

先進マンションの特徴は開口部に見出せる場合が多い。「本郷パークハウス ザ・プレミアフォート」はその典型といって良いだろう


次のページでは、最新工法の採用で実現した居住空間の魅力に触れよう。