FOOD & DESIGN
cooking with the Italian design

FOOD & DESIGN 展の講演会開催

11月2日から始まる東京デザイナーズウィークに先立って、青山スパイラルビル3階のスパイラルホールでイタリア貿易振興会が主催して「FOOD & DESIGN cooking with the Italian design」講演会が開かれ展示会もスタートしました。2003年はWaterDesignと題してバスルームデザインがテーマになり、昨年はLivingDesignをテーマにリビングルームが取り上げられましたが、今年は食のデザインがテーマです。1日午前11時30分から開かれたイガラシデザインの五十嵐久枝氏とキューレーターのデニス・サンタキアラ氏とによる講演会の概要を、次ページではホール展示会場の様子をレポートします。

講演会に先立ちイタリア貿易振興会のFrancescaZadro(フランチェスカ・ザドロ)氏から今回の開催趣旨について説明がありました。
”イタリアのキッチンをテーマに展覧会を開くことは、近年とみに注目を集め住空間の中で最も注目されるようになっている場に焦点を当てることで、イアタリアの生活、文化ひいては産業の実態を皆さんに理解してもらえると考えました。「味覚と心にリラックス」をキーワードに構成されているので、ぜひイタリアキッチンをお楽しみください。”


続いてキッチンとつながるダイニングスペースの重要な要素でもあるテーブルデザインについて五十嵐久枝氏の講演があった。東京デザイナーズウィークでは渋谷PICCASOで開催されるDesign Tide 「おいしいキッチン」でも新しいコンセプトの家具、器、布巾、スポンジ、カトラリーなどが発表されるそうだ。五十嵐氏はキッチン用収納家具のデザイン提案をおこなっているとのこと。


五十嵐久枝氏の最近の作品「モダンタイムス」と名付けられた大小の歯車型テーブルの一端を廻すとそれぞれのテーブルが回転するというチョットユニークなテーブルは、食とコミュニケーションの新しい提案でもある。



 

続いて今回の展示会でもキューレーターを担当したDenis Santachiara(デニス・サンタキアラ) 氏から、自分の作品を通じて今回の展示会につながる考え方の説明があった。1950年生まれで1980年からデザイナーとして活動を始めた彼の作品はインテリア雑誌などでも広く知られている。
”芸術のクリエイティビリティと料理とはとても関係が深い。ルネッサンス時代のキッチンでもキッチンの火や水場の空間の真ん中にセットされた大きなダイニングテーブルが調理の時は作業台として兼用されていた。これと同じ発想が現代のキッチンにもアイランドキッチンスタイルとして生かされている。”


Denis Santachiaraの最近の作品紹介の中でも秀逸だったのが、この「ビスケットのデザイン」。山の形をしたビスケットの山頂には各々粉糖とチョコが振りかけられており、ビスケットに空けられた小さな穴からコーヒーの香りと蒸気が立ち上る!思わず笑ってしまうこのデザインこそ彼の言う「パフォーマティブ・オブジェ」であり、最新のテクノロジーを駆使しながら、幻想的なものを見せ、本来の機能を隠すという日本伝統のデザイン思想とも相通じる考え方を見せられ大いなる感動を覚えた。



(C)Nov. 2005 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.