キャビネットにこだわったエレガントなスタイルのダイニングルーム

エレガントなスタイルは「日常生活のこだわり」から!

こだわりのエレガンスなスタイルから連想するのは、日常のなにげない時間の贅沢さです。ここでの自分スタイルにこだわったインテリアは、窓辺の左右に置かれたキャビネット、上質の大きなダイニングテーブルとクラシックスタイルのダイニングチェアから始まります。家具が主役となったプランづくりでは、ダイニングテーブルの大きさに合わせてダイニングのスペースが決まり、光りを取り入れる窓の大きさが決まっていきます。壁の色、椅子の色、カーテンの色、部屋の中の繊細なものからインテリアまで微妙に影響しあい、エレガンス空間のハーモニーが生み出されます。いつでもインテリアの主役は、そこに住む人の「日常生活のこだわり」と「自分スタイル」を貫く姿勢です。



「エレガンス」は左右に置かれたキャビネットから生まれた

ダイニング
 
「ダイニングには、窓辺の左右に対になった細長いキャビネットを置きたい」
オーナーのそんな言葉から生まれた空間です。ベネチアンガラスのゴブレットなど思い出の品々を飾るために、高さや幅、奥行きなど慎重に考えられて特別注文したものです。さりげなく置かれていますが、生活へのこだわりが感じられる逸品です。あえて小さめの線の細いキャビネットを2本置くことで、空間にエレガントさが生まれています。

ホワイトのサッシを額縁にした窓辺から見える庭の景色までも、この空間に柔らかな表情を与えています。



カーテンBOXにもこだわりが!

カーテンBOX
 
空間にエレガントな雰囲気をを生み出すには色には、柔らかいホワイトカラーが必然です。ここでは、ドアやサッシをホワイトにしています。また、壁を濃い色にすることで、幅木(壁が床に接する部分に入れる部材)や回り縁(天井と壁が接する部分に取り付ける縁木)のホワイト塗装が際立ちます。

木製の回り縁やカーテンBOXはストレートではなく、少し凝ったリブ状のモールディング(建物や家具につけられる帯状の装飾)。柔らかいフォルムで陰影をつくることによって、さらにやさしい印象の空間を演出しています。


次ページは「オープンキッチンでもこだわればエレガンスを壊さない!」に続きます。