これから土地を探すという人は要注意!


家づくりでまず初めの取っ掛かりは、土地!家は土地があって生きるものです。土地を既に持っている人、建替えのケースでは間取りから始まるのが一般的ですが、土地のない人は当然土地探しから始まるわけです。そこで両者の違いは、住んでいた家の建替え等では、周辺環境がよく理解されていますが、土地を購入して家づくりをする人は知らないことが前提に始まります。まず次の表をご覧下さい。

【見落としてしまった失敗ランキング】

周辺環境・立地条件

内装

収納・設備

その他(日当たりなど)
新築・中古マンション・新築一戸建て購入者126人
のアンケート結果より (平成16年4月実施 住宅情報)

失敗要因は周辺環境の把握不足


なんと失敗第一位が周辺環境・立地条件なのです。土地購入の際は最も重視する条件にも関わらず、見落としてしまうのです。2位内装や3位収納などは住み始めてから工夫次第で何とか解決できるでしょうが、周辺環境だけは自分の力だけで変えられる対象ではありません。

●例えばどんな失敗が多いか
・近くに公園や保育園が少ない道路なのに、夜は抜け道になっている

・東側に小学校がある。日当たりはいいけれど、風の強い日には砂埃が舞い込み、土日には早朝から野球等の練習がうるさくて寝ていられないなどがある。

●意外な盲点
・隣家の台所と自分の家の台所の出窓がほぼ同じ位置にあり、後になって窓をなくしたなんてこともあります。

敷地いっぱいに同じような家がつくられていく建売住宅。立地条件はどのように考えているのだろう。


どのように周辺環境をみたらいいの?この疑問にガイドがアドバイス!P2