普遍なるもの ―光と風―

家づくりを考える時、家相を気にする方がいます。特に北東の隅にトイレや浴室などの配置を嫌います。家相では北東を表鬼門といって、この方向にトイレや浴室などを設けるのは凶相の家になると言われているからです。北東の隅は寒くて日が当たらず、ジメジメしています。しかし現代は設備も良くなり、昔の家相はそれ程気にしなくてよいのです。

それよりも、家相の本に書かれている「風の通り道をつくりなさい」というフレーズのほうが気になります。

風の道をつくるポイント

近年の日本の気候は、冬は暖かく雪もあまり降りません。しかし夏の暑さはエアコンなしでは夜も寝付けないほどです。まして6月、7月の梅雨の時期は湿度もあり、不快感を覚えます。間取りを考えるとき、日あたりは考えるのですが、風の道をつくることはあまり考えないのではないでしょうか?高気密・高断熱の家であればなおさら風の道を考えておかなければ、湿気やカビ、臭いなどがこもってしまいます。
間取りができたら図面の上に色鉛筆で風の流れをイメージして書いてみることをおすすめします。そうすることで、風の流れを少しでも理解することができます。風の道をつくるには、次のことをチェックして下さい。

1.一部屋に2つ以上の窓をつける
2.窓の位置関係はどうか
3.高窓、地窓なども活用する
4.階段や廊下にも窓をつける


【関連記事】
採光と通風
夏の家:自然と呼吸する家づくり
光と風の流れをつくるテクニックを学ぶ

実例を見てみましょう!→次のページへ