■東北地方に太鼓型が多いのは、ろくな副食がなかった昔、玄米ばかり食べるため、大きな握り飯をどんぶりに入れて作ったからであろう。
■関西は料理が豊富なので主食は少なくてすむ。小さければ握りやすい三角形にしたのではなかろうか。

●おにぎりは現代人のファーストフードになれるか

最大手のコンビニでは約20種類のおにぎりを販売。販売個数はなんと、約8億9000万個だぞ!!学生、OL、若手サラリーマンを中心に高い人気を保っている。今やコンビニの最主力商品となった。

そして遂に、大手ハンバーガーチェーンが「おにぎりキッチン」なるものを開店。新潟産の注目ブランド米を採用し、「おにぎりファーストフードカフェ」をコンセプト(私には何のことか解らぬが)に、首都圏で3~5店舗の出店を狙っておる。今後のチェーン展開を目ざしており、新しいファーストフードのトレンドとして、各方面から注目を集めているとか。

コンビニではヒット商品を目指し、週に1品はどこかでおにぎりの新製品が登場し、同様のペースで消えていっているという。

地域でショップで様々なアイデアが生かされるおにぎり。あなたの田舎のおにぎりは、三角、太鼓、俵、ボール?

●おまけ:地域のおにぎり面白ネーミング集
ネットで探せば見つかるぞ。
開拓おにぎり/ゴロハチ茶わんのにぎりめし/だまっこもち/たんぽもち/菊かおり/五目笹巻/つっとこのむすび/けんさ焼/さくらおにぎり/百万遍/畑芋もち/秀吉おにぎり/サンショむす/合戦むすび/ふきだわら/柿の葉ずし/目張りりずし/ほうば飯/なれずし/たわらむすび/赤貝めしの焼きおにぎり/ナラチャメシのにぎ/メノハむすび/イリコ飯にぎり/おたま/かなぎご飯/ゴックウさんのにぎりめし/里芋めしのおにぎり/三ゴロ飯のにぎりめし/あくまき/サンニンおにぎり・・・
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。