山菜摘み、川遊び、山々の紅葉、満天の星空・・・四季折々の楽しみを満喫できる、山村での田舎暮らし。
「ウン、ここなら暮らしてみたい!」と、田舎暮らしガイドが日本全国から独断でピックアップ。選定の条件は住民が少なめ、緑が豊富、近くに温泉、移住者のための支援制度があるなど。ゼッタイ「山派」のあなたのための厳選オススメ地域です。さぁ、日本の山村に出かけてみよう!




北海道 芽室町(人口約18,000人)

*町のプロフィール:
十勝地方はその広大な風景や気候から最も北海道らしい地域として、観光客はもとより移住者にも人気を誇っている。その中でも「めむろ」は移住者の多い町として知られており、新しい町民となった人々が、北海道の自然の中で田舎暮らしを満喫している。ちなみに夏と冬の気温差が60℃もある、年間の日照時間は日本有数の地域。
*町の四季:
春/日高山脈の残雪と、たらの芽、こごみ、うど等の山菜狩り。
夏/畑いっぱいの緑と、青い空・白い雲のアウトドア。
秋/急速に色づく山々の木々、キノコ狩り、ジャガイモ、甜菜、豆、長いも等の収穫。
冬/抜けるような十勝晴れと、スキーやスケート等のウィンタースポーツ。
*移住のためのここがポイント:
町内の農家や農業生産法人で農業研修を受けている人に対し、家賃の助成制度や宿泊施設への入居制度があり、農業実習生のサポートを町独自で行っている。
*支援制度:就農関連施策/体験制度/住居関連施策/情報提供施策
芽室町のホームページ



北海道 斜里町(人口約13,000人)

*町のプロフィール:
知床国立公園の玄関口の町であり、原生の自然豊かな町として知られている。主な産業は農業・漁業、年間180万人の観光客が訪れる観光産業。また斜里平野は耕地面積1万haの大地であり、てん菜、馬鈴薯、小麦を主要三作とした大規模畑作地帯となっている。
*町の四季:
春/フェーン現象による馬ふん風。
夏/広大な畑に咲き誇るジャガイモの花。
秋/小麦の刈取りとサケの遡上、白鳥の飛来。
冬/流氷の訪れ。
*移住のためのここがポイント:
農業体験実習生を受入れ。農家にホームステイしながら農作業、農家生活、農業施設での作業体験を通じて円滑な就農を推進している。 
*支援制度:体験制度/住居関連施策など
斜里町のホームページ



岩手県 住田町(人口約7,000人)

*町のプロフィール:
宮沢賢治がこよなく愛した広大な種山ヶ原のある、水と緑が豊富な山村。中央部を流れる気仙川は、今をもってヤマメ、アユ、イワナが棲息し、淡水魚の宝庫として全国の太公望に知られている。川沿いには土蔵が建ち並んでいる。
*町の四季:
春/ヤマメ漁の解禁、アツモリソウやカタクリの開花、五葉山の山開き。
夏/アユ漁の解禁、種山ヶ原でのキャンプ風景。
秋/大股川渓流の紅葉、浄福寺イチョウ並木の紅葉。
冬/五葉山の初冠雪、正月、小正月の権現舞、鏡岩の氷。
*移住のためのここがポイント:
UIJターン者向けの定住促進住宅を整備。公営住宅では高額所得者や単身者の入居には制限があるが、この団地にはその制限がない。
*支援制度:就農関連施策/住居関連施策/情報提供施策
住田町のホームページ



山形県 遊佐町(人口約18,000人)

*町のプロフィール:
鳥海山に降り注いだ雨や雪が地中にしみこみ長い年月を経て、町内のいたる所で清水となって湧き出ている遊水の町。防風の機能をはたす屋敷林が緑の小島のように見え、初夏の田植えの時期には水に浮かぶ風景が美しい。
*町の四季:
春/鳥海山の山肌に表われる種まき爺さん・婆さんの雪形。
夏/真夏に採れる岩カキ、日本海に映える影鳥海。
秋/鳥海山の紅葉、月光川を遡上するサケ。
冬/北西の季節風が吹き荒れる地吹雪、寒ノリ摘み
*移住のためのここがポイント:
地域でのレジャーやレクリエーションに関わる人材として、農業や自然体験のインストラクターの育成に力を入れている。
*支援制度:体験制度//就農関連施策/その他就職関連施策
遊佐町のホームページ

次は関東・中部地方に行ってみよう>>