ヨーロピアンスタイルの中の、クラッシックでエレガントなスタイルはいつでも憧れの的。今回は、エレガンスなインテリアのコーディネートポイントについてお伝えしていきます。皆さんのインテリアコーディネートのお役に立ててくださいね。

クラッシックスタイルは貴族のもの!

クラッシックスタイルのリビング

まさにヨーロッパの貴族が優雅な暮らしを楽しんでいるのがクラッシックスタイルの真髄。(画像:CostlessAPIS)

クラッシックスタイルとかトラディショナルスタイルと呼ばれているインテリアスタイルは、本来、ヨーロッパにおける権力者層=王侯貴族の社会の中で形成されてきたインテリアスタイルのことを指します。長い歴史の中で、いろいろなインテリアスタイルが生まれてきました。

各スタイルには、それぞれの時代を背景とした特徴があります。例えば、フランスのルイ14世時代の荘厳なバロック様式※(ベルサイユ宮殿が代表的)とかルイ15世時代の優雅なロココ様式などがあります。どちらも、学校での歴史の授業のときに、お聞きになったこともあるでしょうね。

ヨーロッパと日本では、気候も住宅の歴史も異なりますので、空間の取り方や窓のデザインなど住宅の造りにも大きな違いがあり、クラッシックスタイルを日本の住宅でそっくり実現するのは、難しいでしょう。また、各時代の細かな決まりごと全てをインテリアに反映させるのも大変。ですからコーディネートのときには、どんなイメージにしたいのかを決めて、そのポイントとなる部分を取り入れるといいですよ。

次ページでは、クラッシックでエレガントなスタイルの特徴をお伝えします。
優雅でクラス感のあるエレガントスタイル>>