インテリアをセンスよくする秘訣に「壁を魅せる」というテクニックがあります。のっぺりとした壁では、インテリアも単調に見えてくるもの。壁紙の色を変える、アートを飾る、家具を置くなど方法はいくつかあります。今回は、ちょっとした模様替えで変わる壁面の魅力をお伝えします。

<INDEX>

空間のバランスをチェック!

まずは、変更前の下の空間をご覧ください。これは、上海の某結婚式場の一階ロビーです。

壁の魅力でインテリアをセンスアップする!
結婚式場ならば、もう少し華やかなほうがいいなぁと思いませんか。

結婚式という人生最大の華やかなイベント。その式場のロビーとしては、少し寂しいインテリアですね。その理由は…。

【問題点1】
柱と柱で囲まれた壁に対して、ソファと一人掛けの椅子が無造作に並べられていますね。椅子を壁に沿って並べるレイアウトは、一般の住宅でも、リビングや玄関の正面壁などでも良く使います。しかし、このインテリアでは家具の色が壁とほぼ同じ色になっていて、壁と同化しています。これでは、まったく目が惹きつけられません。

【問題点2】
壁に掛けた絵はどうでしょうか。エレガントな家具に対して、優しい雰囲気の油絵、彫りのある華やかなフレームとアイテム自体の選び方はよいのですが、なんといっても壁の広さに比べると小さすぎ。バランスが悪く、却って貧相に見えてしまいます。


それでは問題点を解決していきましょう!家具を変えるだけで、随分と雰囲気が変わりますよ。
家具を目立たせる!