北欧インテリアの特徴は?

北欧スタイルのインテリアは、スカンジナヴィアンスタイルとも呼ばれ、文字通り、スカンジナビア半島周辺の、スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマークで生まれたインテリアスタイルを指します。 北欧スタイルを実現するために、その特徴について考えていきましょう。

室内の暮らしを楽しむ心意気

北欧では厳しく長い冬のため、室内で家族と共に過ごす時間も長くなります。そのため、居心地良く過ごせるよう室内を美しく整える習慣が根付いているそう。

日本でも、「家」が見直され、「外」に出かけるよりも「家」を楽しむライフスタイルに変わりつつあるようです。北欧のライフスタイルが日本で人気を集めるのは、そんな意識の変化によるものかもしれませんね。

北欧スタイルはシンプル&ナチュラル

北欧スタイルのインテリア

名作と呼ばれる美しい家具を生み出した北欧スタイル。ハンス・J・ウェグナーによるデザインのYチェアは今でも人気がある椅子の一つ(画像:カール・ハンセン&サン)

北欧スタイルは、基本的に「シンプル&ナチュラル」。北欧スタイルに登場するインテリアアイテムは、バウハウスや機能主義といった考え方の影響を受けていています。

使いやすく合理的、そして、工場での大量生産が可能なようにとてもシンプルなデザインで、数々の名作と呼ばれる家具や照明などのインテリアアイテムを生み出していますが、機能的とはいえ、ナチュラルな素材を取り入れてるので、冷たく機械的な感じがしないのも特徴です。

 

色&デザインを楽しむ

北欧スタイルのインテリア

部屋で過ごす時間が長いから、インテリアを楽しむのが北欧流。カラフルな色使いは気持ちも明るくなる。(画像:IKEA)

森と湖の北欧。自然に囲まれた風土のためか、インテリアの中にもナチュラルな素材感を活かしたり、動植物をモチーフにしたデザインを取り入れるのが上手で、厳しい冬の暮らしでも楽しい気分になるように、カラフルな色使いや楽しいモチーフなどを加えて室内をデコレーションするのが北欧流です。

シンプルですっきりとした家具を

北欧スタイルのインテリア

シンプル&ナチュラルな北欧スタイル。気取らず寛ぎやすい空間です。IKEAが日本に上陸してから、より身近に感じられるようになったのかも。(画像:IKEA)

北欧スタイルでは、シンプルでモダン、そして自然を感じる家具がぴったりきます。デザインは単純なラインで構成されているものが良いですね。

木材では、パイン材、ビーチ材、オーク材などがよく使われます。木目の強いパイン材を使う場合、あまり素朴すぎるのはカントリー的なイメージが強くなるので注意しましょう。成形合板(プライウッド)など加工された木材を使うことも多いですね。よりスタイリッシュさを強調するのであれば、シルバーやホワイト、黒といった金属を一緒に使うとよいでしょう。

北欧スタイルのインテリア

シンプルなデザインで、北欧スタイルにもピッタリな深澤直人氏デザインのRoundish チェア。樹種や張地も選べるのでコーディネートしやすい。(画像:マルニ木工)

その他、椅子の貼り地には、綿、麻、ウール、皮革などがおススメです。滑らかで光沢感のある繊細なものよりも、織り感のある方が合わせやすいでしょう。

北欧で実際に作られ名作として伝わってくる家具を取り入れるのも良いですが、幸いなことに、風土の似ている日本で作られる家具にも、北欧スタイルに合う品質の高いシンプルでナチュラルな家具がたくさんありますよ。





温かさのある照明器具

長い夜を楽しむために、温かみのある光を上手に生活に取り入れるのが北欧スタイル。蛍光灯の白々とした明かりではなく、赤みを帯びた色合いのほうが楽しい団欒の雰囲気を作ります。最近はLEDランプにも対応した照明器具も増えています。また、キャンドルをあちらこちらに灯すのも素敵ですよ。 
北欧スタイルのインテリア

名作と呼ばれるポール・ヘニングセンがデザインしたペンダントランプ「PH 5」シリーズ。カラーも増えて選びやすくなりました。写真は「PH 5 コンテンポラリー」のアーミーグリーン/ダークグレー。(画像:ルイスポールセン)

デザインは、ストラスビーズがついているようなゴージャスなタイプではなく、すっきりとシンプルなものが良いでしょう。木製はよりナチュラルな感じに、金属やガラスはモダンな印象になります。食卓上にペンダントを吊るすと、光のもとに家族が集まり団らんを楽しむ仕掛けにもなり、おススメです。


アートなファブリックをインテリアに

北欧スタイルのインテリア

デザインが豊富な北欧ファブリック。(画像:FIQ)

北欧のファブリック類は、なんといってもデザインが豊富。綿や麻といった自然素材の布に、幾何学柄や花や鳥といった自然をテーマにデザインした柄をプリントしているのが特徴です。大きな花柄で有名なマリメッコをはじめ、数多くのブランドがあり、色も鮮やかなものからシックなものまでと幅広く、季節や気分によって模様替えするのが北欧流だそう。

柄の大きなものを窓装飾にする場合には、柄がよく見えるように、カーテンであればプリーツが少なめなフラットカーテン、平面的な仕上がりになるシェード、ロールスクリーンなどに使うのが良いでしょう。

北欧スタイルのインテリア

カーテンやクッションだけでなく、パネルにして壁面を飾っても。(画像:FIQ)

また、カーテンやクッションといった定番のファブリックアイテムだけでなく、そのファブリックをパネルに仕立て、絵のように飾って空間のアクセントとして楽しむのも北欧スタイルにはよく見られる使い方。アートとして使いこなしてくださいね。

小物も自然をイメージして

北欧スタイルのインテリア

自由に空を飛ぶ鳥を壁に飾るのもロマンがあって面白いですね。Wall Plaque/壁の鳥 Linnut sharp(画像:スタイルストア)

北欧スタイルではインテリア小物も、使いやすく、美しいデザインのものが目に付きます。動植物をモチーフにしたものも多いですね。フィンランド生まれのムーミンは有名ですが、その他にも、リアルに動物などを描いたものではなく、シルエットなどデザインされているのも北欧スタイルではよく見かけます。

インテリアコーディネートだけでなく、壁や飾り棚などに季節や気分に合わせて小物を飾って、生活を楽しむ気持ちも取り入れられるといいでね。

《画像協力》
カール・ハンセン&サン
スタイルストア
マルニ木工
ルイスポールセン
IKEA
FIQ


大人気の北欧スタイルを取り上げました。シンプルでいて、ほっと一息つける北欧スタイルは、日本でも定着しつつあります。家具のサイズも比較的コンパクトなので、日本の住宅には取り入れやすいのも利点。最近はユーズドの北欧家具を取り入れる方も増えているとか。基本はシンプルに、自分らしい味付けの北欧スタイルを楽しんでくださいね。


【関連ガイド記事】
一枚の布で心豊かに暮らす北欧的テクニック →北欧のファブリックについてその魅力を紹介!
心温まる北欧クリスマスを楽しむ→ちょっと気が早いですが、北欧風のクリスマスの楽しみ方はこちらで。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。