ママの体の変化

出産直前のママとパパ

「おしるし」「陣痛」「破水」が出産の始まりの3つのサイン

いよいよ出産間近。胎動が少なくなり、子宮も下がってくるので食欲が戻ってきます。逆に膀胱が圧迫させるのでトイレが近くなり、残尿感があることも。

赤ちゃんは突然生まれることはありません。出てくる前に必ずサインを送ってくれます。それは「おしるし」「陣痛」「破水」の3つです。赤やピンク色など血液の混じったおりものが「おしるし」。その後、お腹の張りがだんだん強くなり、「陣痛」が始まります。

初めは不規則な陣痛が、だんだん規則的になり10分に1回続くようになったら、病院へ。いよいよお産が始まります。陣痛後、子宮口が全開に近くなったころに「破水」が起こり、赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れて中の羊水が出きます。陣痛前に破水があった場合は、すぐに病院に向かいましょう。陣痛の間隔が短くなると、つらくなり、いきみたい気持ちになりますが、呼吸法などでうまく乗り切りましょう。子宮口が全開大になると、いよいよ分娩台へ。助産師さんの「いきんで」の指示に合わせて、力いっぱいいきみます。赤ちゃんの頭が見えてきたら、いきみはストップ。短い呼吸を繰り返していると、赤ちゃんが生まれてきます。
 

ママの心の変化

赤ちゃんの誕生間近になると「無事出産できるだろうか」という不安と、「どんな赤ちゃんが生まれるのだろう」という期待感が入り交ざってきます。育児書を読んだり、子供の育て方をパパと話し合うなどして、出産後の生活もイメージしておくといいでしょう。
 

パパだからできること

生まれる直前は緊張感が高まります。ママとコミュニケーションを頻繁にとって体の様子を把握しましょう。出産当日はパパが一番活躍するとき。病院までのルートを考えておくだけでなく、パパが不在中にはタクシーを利用する、実家から助っ人を呼ぶなどを考えておきましょう。陣痛はママが一番つらいとき。パパがそばにいてくれるだけで精神的な支えになります。腰やお腹をマッサージしたりして、はげましてあげて。出産後は2人で赤ちゃんの誕生の喜びを分かち合うとともに、ママへ「お疲れさま」などの言葉かけも。
 

この時期を楽しく乗り越えるには

出産前は、2人でお散歩したり、股関節体操をしたりして、ゆっくりと2人だけの時間を過ごして。ママの退院時の洋服を買いに行くのもいいでしょう。
 

お腹の赤ちゃんと遊ぼう

出産の瞬間に備えて、ビデオやカメラの準備を。胎動は少なくなりますが、赤ちゃんの名前を考えたり、出産後に授乳タイミングを覚えたりして、これから2人で赤ちゃんのお世話をしていく準備もしましょう。

>> 関連記事
出産の流れ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。