庭のシンボルツリーが家族を見守る


写真をクリックすると次の写真に進みます
E中庭
高い壁で囲われたドライエリア。


吹抜けの向こうは、奥行き約2mのコンクリートの庭です。地下にあるために、家族のプライバシーは十分に保たれています。ここに立って空を見上げると、何とも言えない開放感とともに安心感に包まれます。足元のコンクリートの床の一部が丸く切り取られ、1本のエゴノキが植えられています。この樹はシンボルツリー。家族の暮らしに寄り添うように、やがて葉を繁らせ大きく成長していくことでしょう。

◆建築家プロフィールと建築データ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。