私が初めて体験した前田紀貞さんの建築が、室内にプールがあるコンクリート打放しの家。今から13年前の驚きは今も新鮮によみがえってきます。また再びプール付きの住宅を設計されたと聞き、とある閑静な住宅地に足を運びました。


白いレイヤーの重なり


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
上/南西からの眺め。最上階の青空天井の下がプール。中/北側に駐車スペース。下左/住宅の入口は北側の奥、地面から階段2段分下がっている。下左/正面のガラス扉は歯科医院の入口。


外観は角丸の外壁が印象的なすっきりした白い家。近づいてよく見てみると、白い壁には直径1.5cmの丸タイルがびっしりと貼り付けられています。地面と1階の床面との間が、ガラスのスリット窓になっているので、不思議な浮遊感があります。このスリット窓は地下室に光を呼び込むハイサイドライトでした。

◆建築家プロフィールと建築データ