インド料理はカレーだけじゃない!

パラクパニール(ホウレンソウとパニール)

パラクパニール(ホウレンソウとパニール)

日本では、インド料理=「カレー(CURRY)」と漠然と考えている人がほとんどだと思います。しかしインドでは、外国人と話す時に「カレー」という言葉をわざわざ使う人はいても、実際には私たちがイメージする「カレー」の概念にぴったりとはまる料理のカテゴリーがありません。

大変おおまか且つ無理やり区別するとすれば、インド料理のおかずには「グレイビー」と「ドライ」の2種類があります。「グレイビー」はとろみのあるスープ状のもの、「ドライ」は私たちが「カレー」と聞いて想像するスープ状ではない料理で、見かけは炒めもののような感じです。この両者のうち、グレイビーの方がインド国外で「カレー」と呼ばれているものにあたると言えるでしょう。

「インド人はインド料理ばかり食べている」のは本当ですが、外国人が想像するような「カレー」ばかりを食べているわけではなく、家庭料理の半分はドライです。

インド料理への固定観念があるゆえか、なかなか理解しにくい「インド料理」の世界。この記事では、代表的な料理を中心に取り上げていきます。

日本人にはあまり馴染みのない、食文化についてはこちらの>>>インドの食文化・マナー

ターリー(Thali)

バナナの葉の上のミールス

バナナの葉の上のミールス

ターリーとは直訳すると大皿のこと。つまり日本の食堂でいう「定食」のような存在です。たいていは単品で数品頼むよりはお得な値段になっており、お替り自由というところが多いです。大きなスチールの丸い皿にのってくることもあれば、四角い皿のもの、フタつきの大皿など、いろいろあります。南インドでは「ミールス」と言い、バナナの葉にのせたりもします。

ターリーの中身は地方や店によって異なりますが一般的なのは、パーパル(豆のせんべい)、おかずが3~4品、ヨーグルト(ライタ)、アチャール、ライス、チャパティかプーリーが数枚、スウィーツと言ったところ。けっこうなボリュームなので、インド料理にお腹が慣れるまでは完食できないくらいです。

貧富の差が激しいインドのこと、どんなものでも質も値段もピンからキリまであるため、ターリーの値段もまちまちです。安い庶民派ダーバー(食堂)なら30ルピー程度でも食べれますし、もうちょっといいレストランであれば、100~290ルピー程度。高級レストランでは300ルピーを超す場合もあり、5スターホテルになると700ルピーとか、1000ルピーなどというものまであります。