画像
堂田マコちゃんはMacユーザ。WindowsVistaの登場で、社内はパソコンのアップグレードにおおわらわです。でもマコちゃんのMacBookはCore2Duo 2GHzで余裕で合格。WindowsVistaだって、インストールできちゃいますよ!
続きを読む
Windows Vista はハードウェア条件が厳しく、すでにWindows PCを持っている人でも、パソコンを買い替えなければインストールできない人も多いでしょう。

それならWindows PCは選ばずに、あえて Mac OS X に乗り換えるというのはいかがでしょうか?Intel ベースのMacならWindowsだって動きますし、なによりMac OS Xが動くのはMacだけ。

これを機会にMacに乗り換えてみませんか?

この記事では、Mac OS XとWindows Vista の機能を比較して、どれくらい違うのかを少しだけ紹介。もちろん、それぞれの機能はまったく同じものではありませんので、どっちが優れているか?なんて野暮なことはいいません。あくまで、『Mac OS Xだってなかなかのものだよ』っていうところを純粋に紹介したいと思います。


操作性や文字の見やすさ

●目的のアプリケーション(ウインドウ)への切替
コンピュータに表示されるウインドウはあまり多く開きすぎると困ることが多いので、複数のウインドウを切り替える操作性は重要です。

【ウインドウの切り替え操作】
   
[操作]
・[F9]すべてのウインドウを一覧
・[F10]作業中のアプリケーションのウインドウのみ一覧
・[F11]デスクトップを表示
[操作]
・[[Win] + TAB] ウインドウを「フィリップ3D」表示で並べて巡回
・[[Win] + [Ctrl] + TAB] キーボードから指を離してもフィリップ3D表示状態を維持する
・[[Win] + D] デスクトップを表示
[良い点]
すべてのウインドウの内容が見えるので、目的のウインドウにたどり着きやすい
[良い点]
一定の大きさでウインドウの中身が表示されるので、どんなにウインドウを開いていても目的のウインドウが見つかる
[悪い点]
ウインドウが多すぎると、内容がわかりにくい
[悪い点]
内容の一部しか見えないので、似たウインドウが並ぶとわからない

●文字の見やすさ
Windows Vistaの新機能として注目を浴びているのは、「メイリオ」フォントでしょう。クリアタイプのスムージングを使えば、かなり文字が読みやすくなります。

【文字のなめらかさ調整】
   
[操 作]
システム環境設定 - アピアランス の[滑らかな文字スタイル]で変更
[操 作]
コントロールパネル - デスクトップのカスタマイズ - 配色の変更 にある「効果…」ボタンから開くダイアログの[次の方法でスクリーンフォントのふちも滑らかにする]を変更
[良い点]
-文字のなめらかさを4段階で指定可能、デフォルトは自動
- ヒラギノフォントはとても見やすいフォントです
-Mac OS Xに搭載されるすべてのフォントに適用される
[良い点]
- Windows XPと比べて格段に向上した視認性
-「メイリオ」フォントは画面上で見やすいように設計されています
[悪い点]
弱くすることはできるが、完全にオフにはできない
[悪い点]
見やすくなったのは「メイリオ」フォントだけであり、滑らかさの調整も「標準」と「Clear Type」の2種類のみである


●統一されたキーボードショートカット
キーボード操作で目的のコマンドを一発で呼び出せるようになったら、作業効率がグンとアップします。

注意)以下に紹介するのは代表的なもので、すべてではありません
※ Mac OS X でメニューをキー操作するためには、一度システム環境設定のキーボードとマウス 「キーボードショートカット」で(デフォルトに戻す)を押してから、control + F1 オン/オフを切替する必要がある


       
[操作一般] ・メニュー操作/表示 [[control] + F2] [[Alt]]
[[control] + F3] で Dock  
[[control] + F8] で右側のメニュー etc..  
・ウインドウ切替/タスクバーを巡回  [[control]+ F4] [[Win] + T]
・タスク切替 [[command] + tab] [[Alt] + tab]
・新規書類(ウインドウ) [[command] + N] [[Ctrl] + N]
・ファイル - 開く [[command] + O] [[Ctrl] + O]
 /保存 [[command] + S] [[Ctrl] + S]
 /別名保存 [[command] +
[Shift] + S]
(ほとんどの場合、割当がなく、統一もされていない)
・プリント [[command] + P] [[Ctrl + P]]
・編集 - コピー [[command] + C] [[Ctrl] + C]
 / 切り取り(カット) [[command] + X] [[Ctrl] + X]
 / 貼付け(ペースト) [[command] + V] [[Ctrl] + V]
 / すべて選択 [[command] + A] [[Ctrl] + A]
・取り消し  [[command] + Z] [[Ctrl] + Z]
・検索 [[command] + F] [[Ctrl] + F]
・置換 [[command] + F] (※ Mac の場合、検索と置換は一つのダイアログに統一されている) [[Ctrl] + H]
・次を検索 [[command] + G] [[F3]]
・前を検索 [[command] + [shift] + G] [[shift] + [F3]]
・情報表示 [[command] + [option] + I ] [[Alt] + Enter]
・ファイルなどの削除 [[command] + delete] [[Del]]
・選択文字を太字  [[command] + B] [[Ctrl] + B]
・選択文字を斜体  [[command] + I ] [[Ctrl] + I ]
・ウインドウを閉じる [[command] + W ] [[Alt] + F4]
・フォント選択 [[command] + T]  
・カラー選択 [[command] + shift + C]  
・文字パレットの呼び出し  [[command] + [option] + T ] [[Ctrl] + F11]
・単語登録  [[shift] + [control] + N] [[Ctrl] + F7]
Mac OS X [ファイル操作ダイアログ/Finder]

WIndows Vista [エクスプローラ]
・ホームフォルダの表示 [[command] + [shift] + H]  
・デスクトップの表示  [[command] + [shift] + D] [[Win] + D]
・コンピュータの表示  [[command] + [shift] + C] [[Win] + E]
・ネットワークの表示 [[command] + [shift] + K]  
・指定パスへ移動 [[command] + [shift] + G] ・ファイル名を指定して実行 [[Win] + R]
・ファイル検索 [[command] + F] ・ファイル検索 [[Win] + F]
・Spotlight 検索 [[control] + スペース] 同上
・選択したファイルを開く [[command] + ↓] [[Enter]]
・選択したファイルの名前変更 [[return/enter]] [[F2]]
[その他] ・デスクトップの表示/対象以外のウインドウを隠す [[command] + [option] + (対象ウインドウをクリック)] ・すべてのウインドウを最小化[[Win] + M]
・Finder に切り替えて新規ウインドウを開く [ Dock の Finder アイコンをクリック] [[Win] + E]

【統一されたキーボードショートカット 良い点/悪い点】
   
[良い点]
- 非常に多くのソフトウェアが共通のキーボードショートカットを持っている
特にアプリケーションのファイル操作ダイアログでFinderのキーボードショートカットが使えるのがうれしい
[良い点]
- Alt キー + アルファベットでほぼすべてのメニューにアクセスできる。
- Alt キーを押すだけでメニューが矢印キーでも操作できるようになるため、初心者でもすぐに使える
[悪い点]
- Cocoa アプリケーションでないと一部のキー操作ができない場合がある
- 入力方法がわからないキーがある(デフォルトに戻す ボタンを一度押すと消える)
[悪い点]
- Windows標準のキー操作はカスタマイズできない
- ファイル操作ダイアログでキーボードによる一発操作がやりにくい